流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

『トレンドライン 流行の波に乗れ!』へようこそ
当ブログでは面白い流行モノ、トレンド情報を
トレンドソムリエcatuがまろやかに解説します。



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
きのこいぬ 全4巻



徳間書店の月刊コミックリュウで連載中の
きのこいぬ」が人気急上昇中です。

きのこいぬ」は蒼星きままさんが月刊コミックリュウに連載しております。
蒼星きままさんはきのこいぬで第7回龍神賞の銅龍賞を受賞。
その後きのこいぬが「COMICリュウ」2010年9月号に掲載。
その後、シリーズ連載化されて現在に至ります。

この不思議な生き物「きのこいぬ」は
愛犬・はなこを亡くして傷心のホラー作家夕闇ほたるの庭に生えてきたきのこなのです!
この犬ともきのことも分からない生き物は見た目のかわいさに反してわりと傍若無人で
好き勝手に生きています。ちゃんと人間の言葉は理解しているらしく、
喜んだり、落ち込んだり、怒ったり結構自分勝手。またそこが可愛いのですが。笑

はなこを亡くしたことで創作の意欲まで失っていたほたるは
きのこいぬの存在で心が癒されて次第に回復していく物語です。
そしてこの物語を読んでいる読者も一緒に心が癒されることまちがいなしです。

これまでもきのこいぬは熱烈なファンが沢山いたのですが、
先日めざましテレビで紹介されてから人気が一気にブレイク!
30代、40代の女性を中心に一気に読者が広がりました。

最近ではきのこいぬグッズも色々と登場しております。

きのこいぬ 低反発ハンドレスト


きのこいぬ フワフワぬいぐるみ


柔らかい感触のきのこいぬグッズが人気を博しているようです。
これはずっと触っていたくなりますね!


きのこいぬのお話はとても可愛くて優しい物語なので、
女性や子供へのプレゼントとしても良いかもしれません。




スポンサーサイト
最近ぽっちゃり女子、ふっくら女子をテーマにした漫画が何気に増えております。


ぽちゃまに(白泉社)


こちらは平間要によるぽっちゃり女子高生・本橋紬と
ぽちゃ専の残念イケメン田上クンとのラブコメ。


ぽっちゃれ(マッグガーデン)


ぽっちゃり女子・麻鈴は、バイト先の大学生・笹島に恋をして思い切って告白!
見事OKをもらったのも束の間、実は笹島に秘密が発覚する!!という
ダイエットラブコメディ。


あとコミックではありませんが、
日本初の“ぽっちゃり女子"のための本格ファッション誌
「la farfa(ラ・ファーファ)」なんてムックも出ております。




なんでしょうね。過剰なダイエットブームで
街にも細い女性があふれていたのは最近のことですし、
今でもやはり女性は細くなりたいと思ってる人が多いでしょう。

でも、一方で「ぽっちゃりしてても良いじゃん!」と
そのままの自分を受け入れてほしい女性の心理もあるのかもしれません。。
恐らくこれらの漫画を読んでいるのは女性がメインでしょうし。
女性が終わりなきダイエット地獄に少し疲れているのかもしれません。。。

以前より発売されることだけが明らかになっていましたが、
タイトルさえ不明だった村上春樹の最新長編小説のタイトルが発表されました。

村上春樹の最新長編小説のタイトルは

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

です。





「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。。。

長い。笑 やたらと長いタイトルですねー。

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」ってすぐは覚えられませんね。
「多崎」は「たさき」でしょうか。「たざき」でしょうか。
タイトルだけでは村上春樹の新作小説がどんな作品だか想像が付きません。
色彩を持たないというのは心理的なものなのか、それとも身体的なものなのか。
そしてなぜ巡礼なのか。。

今回の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」というタイトルは
あまりにも長いので、ツイッターなどではどうやって略して呼ぶかというよな
話題も出ておりました。

ラノベの「僕は友達が少ない」を「はがない」と呼ぶように、
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を「をたない」と呼ぶとかww

あとは「しもたか」「色持多彼」とか、普通に「色彩」とか、
「色彼」とか色々な案が出てましたが、今のところ通称は決まってないようです。

これまでも村上春樹の作品のタイトルには結構長いものがいくつかあります。
長編小説ですぐに思い出すのは「世界の終わりとハードボイルド」でしょうか。

あとは短編だと「チーズ・ケーキのような形をした僕の貧乏」とか
「四月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」あたりが長い。

恐らく一番長いのは
「ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界」
でしょうか。これはもう覚えられないw


何はともあれ、村上春樹の新作小説となれば期待をせざるを得ないません。
社会現象を巻き起こした1Q84以来の新作ですからね。
しかもそろそろノーベル文学賞もとってほしいところなので、
今後村上春樹さんによって書かれる小説は世界的に注目を集めることでしょう。


ちなみに「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」の発売日ですが、
2013/4/12とされています。定価は1,785円。今回は上下巻ではないのでしょうね。


今回の小説は短編小説を書くつもありが、いつの間にか長いものになったと
春樹さんは語っております。 いったいどんな小説になるのでしょうか。


そういえば今回の村上春樹さんの小説は文藝春秋から発売なんですね。
村上春樹さんの長編小説と言えば、講談社か新潮社という印象が強いです。
まあこれまでもシドニー!とかレキシントンの幽霊とか文藝春秋から出ていたので、
特に不思議ということはありませんが。


「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」本当に楽しみです!
イブニングで連載中の「いとしのムーコ」の3巻が3月22日に発売になります。



この「いとしのムーコ」3巻の発売を記念して
著者のみずしな孝之先生のサイン会が開催が決定致しました!

「いとしのムーコ」みずしな孝之先生のサイン会は2箇所で開催されます。

■4月6日(土) 14:00〜

場所:ジュンク堂書店 秋田店

秋田県秋田市千秋久保田町4番2号秋田フォーラス6・7階

参加人数:先着70名様

■4月13日(土) 14:00〜

場所:有隣堂 横浜駅西口コミック王国

神奈川県横浜市西区南幸1-4-B1F(横浜駅西口地下街ザ・ダイヤモンド正面階段下)

参加人数:先着100名様


両会場ともいとしのムーコ3巻発売日より先着で
それぞれの店舗でサイン会整理券が配布されます。
※横浜は3月22日、秋田は23日からの配布になります。

22日は平日なので、「サイン会整理券取りにいけない!」という方もご安心を。
両会場とも電話予約受け付けを行なっています。


まあ会場にはリアルムーコはいませんが、
しな先生に会うことが出来ます!

めざましテレビで紹介されて一気に人気急上昇中の
いとしのムーコのサイン会、是非出かけてみてはいかがでしょうか?

いとしのムーコサイン会 イブニングHP 
亜人



good!アフタヌーン(講談社)で連載中の
原作:三浦追儺 作画:桜井画門のサスペンスホラーコミック
亜人」がツイッターを中心に話題を呼んでいます。


※注意:以下亜人のあらすじで若干ネタバレあります。

「亜人」とは決して死なない不死身の体を持つ特異な生物。
高校生のケイはある日突然交通事故でトラックに跳ねられて即死するが、
バラバラになった体から生き返り自分が亜人であることを知る。

そしてその日からケイの日常は一変し、
亜人を捕獲しようとする人間たちに追われる日々が始まる。


まず注目すべきはその表紙です。
暗いバックにぼんやりと浮かび上がるミイラ男のような陰。
しかし本来体があるべき部分には空間があり、
手には鋭い爪が見える異型の存在。

帯には大きく赤字で「死ねばわかる。」とあります。
「不死身の新人類、亜人。1億円の懸賞金目当てに全人類から狙われる彼らには、謎の能力があった」
「生き返っちまった奴は亜人だ」という文字も見えます。

「亜人」の中の絵柄は若干少年漫画っぽい雰囲気はありますが、
ざらりとした雰囲気があり、とてもテンポよく話が進みます。
大人でも十分に楽しめるサスペンスホラーです。

亜人とは何なのか?誰が敵で誰が味方なのか?
ケイは逃げ続けることが出来るのか?そしてこの逃亡劇の先には何があるのか?
「亜人」はまだ1巻が出たばかりですが、続きが非常に気になります。

『ガールズ&パンツァー』 (GIRLS und PANZER) は
2012年10月から放送しているテレビアニメで、「ガルパン」とも呼ばれています。





『ガールズ&パンツァー』 は戦車を使った武道である”戦車道”がテーマです。
ガルパンの世界では戦車道が茶道や華道と同じように大和撫子の嗜みとされています。
本来相容れなかったと思われるマッチョな戦車と美少女という、
ミリタリーと萌えを併せ持つ異色作品で話題を呼んでおります。


ガールズ&パンツァーのファンはグッズ関連の購入欲が旺盛なのも特徴の一つです。
その購入欲はアニメのDVDやグッズにとどまらず、戦車のプラモデルにまで広がっているようです。


このガルパン人気によって、ちょっと意外な雑誌の売上が伸びて、
しかも重版になったりしています。

その雑誌は大日本絵画の「モデルグラフィックス」と「アーマーモデリング」です。

モデルグラフィックスは表紙もガールズ&パンツァーで、
1回目の特集だった1月号は即完売して重版が決まって話題を呼びました。




アーマーモデリングの方は売れたのがもっと不思議で、
表紙を見る限りガールズ&パンツァーは全然押し出されていません。
なのにこちらも3月号は即完売状態で重版がされました。




確かに巻頭特集においては戦車プラモデル製作の道具解説から組立・塗装まで、
ガールズ&パンツァー登場戦車を使って基本的なテクニックを解説し、
戦車のプラモデルの初心者が最初に読むには素晴らしい特集でしたが、
表紙にアニメの絵もガルパンの文字を大きく出していないのに
まさかガールズ&パンツァー人気で完売までしてしまうとは。。

話によると実勢にガルパンで出てくる戦車のプラモデルの売行きも好調だとか。
ガルパン人気は本来硬派なミリタリー雑誌や戦車のプラモにまで波及しているようです。

他にもガルパンは以下のような本・雑誌も出ています。

別冊spoon. vol.32 「ガールズ&パンツァー」最終回直前総力特集号


ガールズ&パンツァー (コミックス)

BBCドラマ『Sherlock』の人気でシャーロック・ホームズ役の
ベネディクト・カンバーバッチが登場している雑誌が売れています。




『SHERLOCK (シャーロック)』(原題:Sherlock)とは、英国のBBCが製作した
コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを題材としたテレビドラマです。
ドイルの原作を下敷きとしながら舞台を21世紀のイギリスに置き換え、
自称「コンサルタント探偵」のシャーロック・ホームズが、
インターネットやスマートフォンなど現代の最新機器を駆使しながら
天才的頭脳による推理で事件を解決します。

このドラマ「SHERLOCK (シャーロック)」によりシャーロック・ホームズ役の俳優
ベネディクト・カンバーバッチが大人気に。

日本でも最初NHK BSプレミアムで放送され人気を呼び、
2013年1月にはNHK総合で地上波初放送で一気にブレイク。
今やベネディクト・カンバーバッチは「ベネ様」の愛称で呼ばれ
来日時には追っかけのファンが空港に殺到するまでになっています。
(もちろんジョン・ワトソン役のマーティン・フリーマンも大人気です。)


もちろん「SHERLOCK (シャーロック)」のDVDのセルやレンタルも大人気ですが、
「SHERLOCK (シャーロック)」やベネディクト・カンバーバッチが登場する雑誌も
売り切れ、品薄状態になる人気っぷりです。



いち早く「SHERLOCK (シャーロック)」を取り上げたて人気が出たのは
早川書房のハヤカワ ミステリマガジン。





現在発売中のミステリマガジン2013年4月号も「SHERLOCK (シャーロック)」特集で
現在すでに品薄状態です。出版社の在庫も品切れのようです。

ミステリマガジン4月号の特集は『「シャーロック」とそのライヴァルたち』。
表紙はベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンの
ホームズ&ワトソンコンビ。

「ベネディクト・カンバーバッチ来日インタヴュー」、
「SHERLOCK/シャーロック」 聖地巡礼ガイドなど
シャーロックファンにはたまらない記事が満載です。


次にカンバーバッチが表紙のスクリーン4月号も売上好調。


大反響TVシリーズ『SHERLOCK』のコンビ愛Check!なんて特集も掲載。



次に紹介するのはムービースター2013年 01月号。





巻頭特集「美しきクセモノ俳優たち」で
ベネディクト・カンバーバッチが紹介されています。

『SHERLOCK/シャーロック』を語りつくすベネディクトのロング・インタビューも掲載。
ベネディクトとイギリスのファンの集いを特派員が徹底レポートも。


あとちょっとタイプは違いますが、月刊青年漫画誌ヤングエース(角川書店)でも
2012年11月号から『SHERLOCK/シャーロック』のコミカライズ版
『SHERLOCK ピンク色の研究』の連載が始まっています。
これが結構ドラマに内容も絵柄も忠実で面白いです。
単行本が出た時には注目ですねー。


まだまだ『SHERLOCK/シャーロック』、ベネディクト・カンバーバッチ人気は
留まるところを知らないようです。

ベネディクト・カンバーバッチって不思議な俳優さんですよね。
最初は「なんか長い顔の男だなー。」とか「性格悪そうだなー」なんて思って
『SHERLOCK/シャーロック』を見ていたのに、気がついたらとてもセクシーに
かっこ良く見えてくる。2013年にはシーズン3も放送が予定されているとか。
これからもっともっと『SHERLOCK/シャーロック』人気は上がってきそうです。
ロングブレスダイエット

美木良介のロングブレスダイエット


すべてのエクササイズがDVDでよくわかる!
 美木良介のロングブレスダイエット
 1週間 即効ブレスプログラム



2012年5月18日放送のTBS金スマで
美木良介のロングブレスダイエットが紹介されました。

これまで金スマはカーヴィーダンスやらタニタ食堂など
様々なダイエットブームの火付け役でしたので、
今回の美木良介のロングブレスダイエットも注目です。

今回の金スマのタイトルは
「2か月で最大17㎏減!1回たった2分!超簡単ダイエット!」

様々なダイエット方はありますが、
2か月で最大17㎏というのは気になりますね。

美木良介のロングブレスダイエットは
これまでも雑誌等では紹介されてきましたが、
やはりTVの効果は絶大で、金スマ放送の次の日は
一気に書店で関連本が完売するなんてことが起きています。


今回のロングブレスダイエットを提唱しているのは
三木良介さん、54歳。

驚くのは木良介さんの引き締まった体です。
54歳とは思えない無駄な脂肪のない、体脂肪の低い体です。
カーヴィーダンスの樫木先生もそうですが、
ダイエットは提唱者の体が一番説得力がありますね。


無理な運動の要らない呼吸だけで痩せる夢のダイエット、
ロングブレスダイエットを金スマで紹介されていました。



■ロングブレスダイエットの効果
今回ロングブレスダイエットに挑戦したのは
升田尚宏(TBSアナウンサー)、勝間和代、番組スタッフ2人の合計4人。


ロングブレスダイエットの効果は以下の通り

◯升田尚宏 45歳 TBSアナウンサー
体重80.6㎏→68.0kg(-12.6kg) 

◯勝間和代 43歳 評論家
体重59.1㎏→52.1㎏(-7.0kg)

◯杉井雄哉 32歳 金スマディレクター
体重88.4㎏→71.4(-17kg)

◯三品恵 23歳 金スマAD
体重67.4㎏→60.0kg(-7.4㎏)

2か月で4人合計44キロ減とロングブレスダイエットの効果は絶大です。
しかも呼吸だけで痩せる簡単さは注目です。


■金スマで紹介されたロングブレスダイエットのやり方

ロングブレスダイエットとは強い呼吸、長い呼吸で
インナーマッスルを収縮させて、体脂肪・内臓脂肪を
燃焼させるダイエットなのです。

以下に金スマで紹介されたロングブレスダイエットの
ダイエット方法を記載します。
ロングブレスダイエットは2つの呼吸があります。


まずは1つ目のロングブレスダイエット。これで1分。

①まっすぐに立ち、お尻にえくぼが出来る感じで下腹部に力を入れる。
②足を前後に開いて重心は後ろに。
 前足から頭まで一直線になるように体勢をとる。
 前かがみでもなく、反りもせず、一直線なのがポイント。
③鼻から3秒で息を吸う。
④口から7秒で一気に息を吐き出す。
 7秒ゆっくり吐くのではなく、最初の3秒で一気に吐いて
 あとの4秒はキープして吐き続ける。

吸う3秒+吐く7秒、合計10秒を一セットで
6回繰り返します。これで10秒×6回でたった一分。


次にもう一つのロングブレスダイエット。

①まっすぐに立ち、お尻にえくぼが出来る感じで下腹部に力を入れる。
②お腹を凹ませながら鼻から3秒で息を吸う。
③さらにお腹を凹ませながら、口から7秒で一気に息を吐き出す。

吸う3秒+吐く7秒、合計10秒を一セットで
6回繰り返します。これで10秒×6回で一分。

2つ目のロングブレスダイエットは足を開かず
直立して行います。
そして吸うときも凹ませて、吐くときももっと凹ませます。
お腹と背中がくっつくようなイメージです。

これが1日2分のロングブレスダイエットです。


これまでの呼吸法はゆっくり、ゆったりやっているイメージがありましたが、
ロングブレスダイエットは全身に力が入っている感じです。
やってみると分かりますが、呼吸をしているだけで
うっすら汗が出てくるのが分かります。


ロングブレスダイエットは丹田に力を入れながら
強く長い呼吸をすることで体の奥にあるインナーマッスルが
鍛えることが出来ます。

インナーマッスルを鍛えることで基礎代謝も上がり
体脂肪、内臓脂肪が燃焼されるのです。


ロングブレスダイエットで効果を上げるには
上記のロングブレスダイエット2分を
毎日3セット行うのが良いようです。
そうすれば食事量は特に減らす必要がないそうです。

それ以外にも歩きながらするロングブレスウォーキング
(お腹を凹ましながら4歩で口から息を吸い、4歩で息を吐く)や
椅子に座りながら出来るロングブレスもあります。
生活の中にロングブレスを取り入れることで
さらに大きなダイエット効果を上げることができます。

金スマでの升田アナや勝間和代さんの
ロングブレスダイエットの結果を見ると
体重を下げるだけではなく、
体脂肪も減りお腹まわりもシェイプアップ出来ていました。

夏を前にしていろいろなダイエットブームが起きますが、
今回はロングブレスダイエットが一世風靡するかもしれません。


もともと美木先生がロングブレスダイエットを考案されたのは
長年苦しんでいた腰痛の悪化を解消するためだったそうです。
腰痛には、腰や背中のインナー­マッスルを鍛えることが効果的だといわれており、
インナーマッスルを効果的に鍛えるための方法としてたどり着いたのが
今回金スマで紹介されたロングブレスダイエットだったのです。

ですのでダイエットだけではなく、腰痛に苦しんでいる方も
是非ロングブレスダイエット試して頂ければと思います。

ただロングブレスダイエットをする時は姿勢がとても大事です。
文章だけでは分かりづらい部分はありますので、
もっと本格的にロングブレスダイエットにトライしてみたい方は
写真や動画でしっかり学んだほうがいいでしょう。
是非書店から品切れる前に書籍の購入をおすすめします。

美木良介のロングブレスダイエット
すべてのエクササイズがDVDでよくわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 1週間 即効ブレスプログラム
ママゴト 松田洋子


5月5日の王様のブランチで紹介された松田洋子さんのコミックス、
「ママゴト」(エンターブレイン)。

「ママゴト」は月刊コミックビーム(エンターブレイン)で連載中のコミックスです。
「薫の秘話」「赤い文化住宅の初子」の松田洋子(まつだひろこ)さんのコミックです。

5月5日の王様のブランチでは著者の松田洋子さんが登場して
「ママゴト」についてインタービューを受けておりました。

「ママゴト」1巻は2011/8/25に発売、
「ママゴト」2巻は2012/4/25に発売されております。
「ママゴト」2巻によると3巻で物語は完結とのことです。

ママゴトのあらすじはこちら

ちぐはぐなふたりの、おかしくて、そしてせつない、ある奇跡への物語、開幕。
心の底に抱えた悲しい過去から自由になることができないスナックのママ・映子。彼女の元に無理矢理預けられた純真無垢な少年・タイジ。寄る辺ないふたりの、たどたどしい生活のはじまりはじまり。

生き難さを抱えながらも逞しく生きる人々を、時に鋭く、常に慈しみ深く描いてきた異能の女流作家が贈る、「普通の家族」を夢みるものたちの、ある奇跡への物語。


「ママゴト」の表紙にはちょっとスレた感じの映子ママと
無邪気に笑うタイジの姿が描かれています。

そしてママゴト1巻の帯には

「いってきます」も「だいすき」も、はじめてでした。

ママゴト2巻の帯には

神様どうか、大事な人の願いが叶いませんように。


このふたつはママゴトを読んだ後に見るととてもぐっと来るコピーです。

今回王様のブランチでママゴトは紹介されておりましたが、
1巻発売当初から大きな反響を呼びました。

ツイッターやブログなどで吉田戦車、志村貴子、ヤマザキマリなど
漫画家たちからも絶賛。

しかも「TVBros.」のブロスコミックアワード2011 こどもマンガ部門 第1位、
THE BEST MANGA 2012 このマンガを読め! (フリースタイル) 第4位、
第15回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 審査委員会推薦作と
高い評価を得ております。

暗い過去に囚われた映子ママと天真爛漫なタイジの二人の
ぎこちないママゴトのような共同生活。
いわゆるほのぼの擬似家族モノとは違って、内容は泥臭くて暗く重い。
しかしだからこそ二人の幸せが愛おしく、切なくてしょうがない。
ちょっとしたセリフ、表情だけで何度も泣けてしまいます。

著者の松田洋子さんは広島県福山市出身。
ママゴトの中でも広島福山弁が話されます。
映子ママのぶっきらぼうで、
でも時々可愛らしい福山弁が素敵です。

正直3巻でママゴトが終わってしまうのは惜しいですが、
映子とタイジの二人の幸せを願わざるをえません。

ママゴトは絶対読んでおくべき名作漫画です。
おすすめです!
いけだたかし短編集 プラトニック・ホーム




「プラトニック・ホーム」は「ささめきこと」「34歳無職さん」の
いけだたかしさんの短篇集。



プラトニック・ホームのあらすじはこちら。

毎朝満員電車で揉まれるサラリーマン。いつも忙しそうな専業主婦。
すべてにガンコな社長さん。マジメがとりえの高校生……。
フツーに暮らすフツーの人々の、ちょっとばかりフツーじゃないストーリー。
『ささめきこと』のいけだたかしが贈る、ココロに響く物語の数々をお楽しみ下さい。




のいけだたかしさんの初期短編集ということで荒削りな感じはありますが、
綺麗事だけじゃ済まさないざらりとしたリアルな感じが心に引っかかる9つの短篇集です。
青年誌掲載ということもあってプラトニック・ホームは社会風刺的な雰囲気もあります。

ちかんにあった女子高生を助けた中年男性、
死んだ母親の解剖を嫌がり、遺体を持って逃亡する息子、
継母に恋をする少年、ストーカーされる主婦、
「オヤジくさいことを100回で爆発する」爆弾を体内に埋め込まれる父親。。。

プラトニック・ホームはリアルな日常のなかにあらわれた非日常を描いています。
正直読後感は爽やかじゃなくて、ずしっとくるものはありますが、
いけだたかしさんのストーリーの巧さは垣間見れます。

ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。