流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

『トレンドライン 流行の波に乗れ!』へようこそ
当ブログでは面白い流行モノ、トレンド情報を
トレンドソムリエcatuがまろやかに解説します。



トレンドラインTOP > トレンドラインCATEGORY - 流行ゲーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コナミの小島プロダクション新規チームによるシリーズ最新作
「メタルギアソリッド ライジング(METAL GEAR SOLID RISING)」の
E3トレーラーが公開されました。

以下が「メタルギアソリッド ライジング(METAL GEAR SOLID RISING)」の
トレイラー動画です。



おお、雷電カッコイイ!車切るなんて斬鉄剣みたい。

でも結構グロイですね。
これは海外向けのゲーム映像らしいので日本では規制されるかもですね。

斬って斬りまくるゲームっぽいですが、これはメタルギアシリーズというには
ちょっとタイプが違うゲームっぽい。小島監督はどこまで関わっているのでしょうか。

でも最後にスイカ切ってるところはいかにも小島プロダクションっぽいですね。
どんなゲームになるか楽しみです。


メタルギアソリッドピースウォーカー


小説版メタルギアソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット

スポンサーサイト
トモダチコレクション






『トモダチコレクション』は、2009年6月18日に任天堂から
発売されたニンテンドーDS用のゲーム。
通称「トモコレ」と呼ばれています。

優香が出演しているTVCMでおなじみのトモダチコレクションですが、
CM見ている限りあんまり面白そうじゃありませんがw、
ずっとロングで売れています。

初週売り上げは10万本程度だったようですが、
その後は毎週5万本以上を売上げるロングセラーになり、
2009年9月13日にはミリオンセラーを達成。
ニンテンドーDSとしては29本目のミリオンタイトルとなります。

現在アマゾンのゲームのベストセラーランキングを見ると
ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii とファイナルファンタジーXIIIに
継ぐ第3位に『トモダチコレクション』はいます。
クリスマス商戦に向けてされに売上を伸ばしそうです。

さてトモダチコレクションのゲーム内容ですが、
まずプレイヤー自身や友人・知人などをMii(ミー)という
ゲーム上のキャラクターとして登録します(最高100名まで)。
Miiは見かけや声、性格など細かい設定が可能です。
TVCMでも和田アキ子や西川史子、バナナマン日村など
芸能人たちのMiiは結構似ていますよね。
架空の島のマンションで生活するMii達の生活を観察したり、
干渉して楽しむゲームがトモダチコレクションです。

作ったMiiはWiiから転送したり、DS同士のワイヤレス通信で
やりとりすることが可能です。
現実世界とは異なる人間関係がゲーム内で
築かれていくのも本ゲームの楽しみのひとつです。
Mii同士がトモダチになったり、喧嘩をしたり、恋をしたり…。


ゲーム内で自分の知人たちが暮らすのを見て楽しんだり、
これをネタに友達たちとコミュニケーションをするのが
トモダチコレクションの醍醐味なのでしょう。

ニンテンドーDSのゲームは
任天堂が作るゲームのクオリティが高いですね。
トモダチコレクションは明確な目的がありません。
お宝を集めるも良し、住人の満足を向上させるも良し、
ただただ眺めるのも良し。
この自由度が高いのがトモダチコレクションの人気の秘密なのでしょう。


トモダチコレクションのゲームも売れていますが、
トモダチコレクションの攻略本もずっと売れております。




グーグルで「トモダチコレクション」で検索すると
「トモダチコレクション R4」「トモダチコレクション 回避」
「トモダチコレクション 回避コード」「トモダチコレクション 改造コード」
など怪しげなキーワードの検索も多いようですが、
しっかり正規ルートで購入して遊びましょう。


トモダチコレクション 公式サイト
http://www.nintendo.co.jp/ds/ccuj/

トモダチコレクション - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
コナミのDS恋愛シミュレーションゲーム
「ラブプラス」関連本が
いくつか現在アマゾンで予約受付中です。


ちなみにラブプラスとはって人はこちら…



過去記事参照
ラブプラスとは? 売り切れ、廃人続出のコナミのDS恋愛シミュレーションゲーム




ラブプラス ビジュアル&設定集 ネネのもと


ラブプラス ビジュアル&設定集 マナカのもと


ラブプラス ビジュアル&設定集 リンコのもと


12月24日に発売になる ラブプラス ビジュアル&設定集。

内容は以下の通り

彼女たちの容姿、髪型、ファッションetc。
美麗なイラストと設定を収録した女の子の“もと”がわかる「ビジュアル&設定集」
・ビジュアルページでは、ゲーム中に見ることができるイラストを多数収録
・設定ページでは、ゲーム用に描かれたイラストにもかかわらずお蔵入りしたイラストを初公開!
・表紙にはもちろんミノ☆タロー氏の描き下ろし。3冊並べるとひと続きのイラストをなります。


現在アマゾンの売れ行きランキングで
ネネが4位、マナカが7位、リンコが8位に入っています。
これがキャラクター毎の人気順でもあるんでしょうかね。
そろってアマゾンの上位に入るってことは
かなりの数の人がかっているんでしょうか…。
相変わらずラブプラス中毒の人はたくさんいるようですね。

あと2009/12/17発売の
コンティニューvol.49もラブプラス特集のようです。



これもアマゾンで予約受付中で、24位にランクインしています。


今年のクリスマスはラブプラスがあるから
みんな寂しくないから大丈夫ですね(涙)
ラブプラス (コナミデジタルエンタテインメント)



最近ネットをさまよっていると、良く目にするゲームがあります。
そこではそのゲームの中毒性が妙な熱気と共に語られております。

売り切れ続出、廃人続出、
そのニンテンドーDSのゲームの名前は
ラブプラス

ラブプラスはニンテンドーDSの新しい恋愛シミュレーションゲーム。
ラブプラスのパッケージには
「国民的G・F(ガールフレンド)デビュー!」

とりあえず電撃オンラインの「ラブプラス」の説明を引用します。
http://dol.dengeki.com/

"彼女のいる毎日"を体験できるコミュニケーションゲーム。
舞台となるのは、美しい海と山に囲まれた新興都市"とわの市"にある私立高校。
まずはプレイヤーが勉強やクラブ、委員やアルバイトといった高校生活を送ることで、
同級生や下級生などがプレイヤーに好意を抱き始める。

そして、会話やさまざまなイベントをこなすと2人の距離は急接近。
最終的には女の子からの告白を受け入れることで2人は恋人同士になる。

カップル誕生後は、デートや電話で恋人気分を満喫!
彼女は、プレイヤーが好きな女の子でいたいという思いから、
服装やヘアスタイル、さらには性格さえも変化させ、
会話での質問やメールのやり取りではいつもプレイヤーへの想いをのぞかせる。
また、現実と同じ時間が流れる"リアルタイムクロック"が採用されており、
時間や季節に合わせたイベントが用意されている。



次にコナミのラブプラスの公式HPの説明を。
http://www.konami.jp/products/loveplus/


あなたは新しく引っ越してきた街“とわの市”で、女の子との運命的な出会いを体験します。
そこで「ともだち」として、2人だけの思い出を積み重ねていきます。

そして訪れる、“告白”という名の運命の日・・・・・・。

しかし、あなたと女の子の物語は、これで終わりではありません。
ここからは、「恋人」としての2人のストーリーが続いていきます。



そう、友達から告白までだったら
今までの恋愛シミュレーションゲームにいくらでもありました。
ときめきメモリアル(トキメモ)を作ったコナミのお家芸でもあります。

しかしこのラブプラスが恐ろしいのは

◎最終的には女の子からの告白を受け入れることで2人は恋人同士になる。

◎しかし、あなたと女の子の物語は、これで終わりではありません。
  ここからは、「恋人」としての2人のストーリーが続いていきます。


ここにあるようです。

これまでの恋愛シミュレーションゲーム、ギャルゲーは
基本的に主人公である自分が告白して女の子を
落とすことが目的でした。
とりあえず彼女にコクって恋愛が成就すれば、
それがゴール。ハッピーエンドでした。


しかしラブプラスが新しいのは、
「彼女に告白させる」ことと「告白後もゲームが続く」こと。
そう、男の妄想を満たす要件を兼ね備えた
恐ろしい恋愛シミュレーションゲームなのです。

このゲームには3人の女の子が登場します。

高嶺 愛花(たかね まなか)
小早川 凛子(こばやかわ りんこ)
姉ヶ崎 寧々(あねがさき ねね)

「文武両道なお嬢様(同歳)」、「ツンデレ(年下)」、「おっとり(年上)」と
様々なニーズに応えた性格を用いているそうです。

コナミはこのゲームのジャンルを
”コミュニケーションゲーム”としております。

彼女たちとコミュニケーションを取りながら
”愛される”ことがこのゲームの目的です。

この”愛される”ってのが重要なんでしょうね。
そしてゲームなので決して裏切らない。
そしてこれまでのゲームと違って
両想いになった後もゲームは続く。


朝にはモーニングメールが届き、休日にはデート。
正月には初詣で、春にはサクラが咲くなど、
シチュエーションに合わせたイベントが発生。
現実の日時や四季と連動し、キャラと同じ時間を過ごしている感覚が持て、
タッチペンでキャラと手をつなぐスキンシップや音声での会話も可能。
キャラの服装は400種類、クリスマスや誕生日などのイベントは
4000以上……。

もう半永遠的にイチャイチャできるわけです。



このラブプラスの特徴のおかげで
廃人ゲーマーが続出しているようですw

amazonのレビューも完全にカオス状態ですw
現在のアマゾンのレビュー数は183。

そのレビューの内容も半分ネタなのでしょうが、
かなり痛い内容になっております。

・彼女ができました。
・男子校で暗い学生生活を過ごした中年男子にもお勧め
・やばいです
・よし決めた。二次元行く
・ラブプラスは心のオアシス
・大切な人ができました
・彼女に振られました
・僕は彼女を携帯します
・失った甘酸っぱい青春がここに!
・これって一生出来るんじゃないの??
・まさかDSに縛られるとは…

ぜひアマゾンのラブプラスのレビューを見てほしいのですが、
もう異常なまでに皆長文ですww
しかも恐ろしいことに彼女持ちですら
ゲームにリアルの生活が浸食されていることです。


女性陣はこのラブプラスの話を聞いても
「キモい」の一言で片づけているかもしれません。

まあ実際には「キモい」わけですがw、
ある意味この手のゲームは女性のライバルになりうるわけです。

まだ今の段階では3人のキャラクターしかおらず、
そのキャラクターが好みでなければ
ゲームにハマることは難しいかもしれません。

しかし恐らくゲームメーカーが本気を出せば
もっといろんなタイプの顔や、髪型、声、性格を組み合わせた
より個人の好みにカスタマイズが出来るバージョンの
ラブプラスも作ることが出来ると思います。

「でもしょせん2次元でしょ?」とお思いになるかもしれませんが、
人間は想像力が豊かなので平面に映った映像に
簡単に感情移入することができます。
あなただって平面に映った映像に過ぎない
映画で涙したことはあると思います。
3次元である現実ではほとんど涙なんて流さないのに。

そういう意味では2次元だから3次元に感動が劣るとは
必ずしも言い切れないのではないでしょうか?


見た目も性格も自分の理想で、可愛くて、自分を愛してくれる。
そして会いたい時だけあって、お金もかからない彼女。

現在草食系男子と呼ばれるような
恋愛に積極的じゃい男子が増えていると言われています。
これに関してはマスコミの嘘のような気がしますが、
実際に恋愛を面倒くさく思っている、
または不況によって恋愛する時間も金もない男性が
増えているのは事実です。

そんな時代のニーズにマッチしているのが
このラブプラスなのではないでしょうか?

そりゃ所詮ゲームなので実際の恋愛の楽しさに比べれば
限られた部分しか楽しむことはできません。
でも逆に恋愛の鬱陶しい部分は省くことが出来ます。
部分的に精神的な満足を満たすことは出来ます。

ちなみにラブプラスはこれまでに10万本程度が売れています。
まだまだ非常に小さな数に過ぎませんが、
ちょっと怖いゲームのような気がします。

女性陣の皆さんもラブプラスを買って
男性が好きな女性像を垣間見てみるのも
面白いかもしれませんね。

でも、これって多分コナミさんは
女性向けラブプラス出すんだろうなぁ。
あんまりコナミが本気だすと
日本の人口減りそうなのでほどほどでお願いしますw


11日に発売された、「ドラクエ9」がファミ通のクロスレビューで、
過去最高の40点満点を獲得しました。




ゲームファンの間でも権威のあるファミ通のクロスレビュー。
今回「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」がファミ通クロスレビューにおいて
ドラクエシリーズの最高得点となる40点満点の評価を受けたそうです。

これまでのドラクエシリーズのファミ通レビューの最高評価は
前作ドラクエ8の時の39点。

40点満点というともうこれ以上ない完璧なゲームということになりますが、
購入者からは「ドラクエ9がドラクエシリーズの最高傑作と思う奴はいない」と
疑問の声もかなり上がっているようです。

ドラクエ8もかなりドラクエファンに酷評された作品ですが、
39点だったわけですし、それなりの大人の事情もあるのかもしれませんが、
あまり甘い評価はファミ通レビューの権威を貶めることにならないでしょうか。

過去にもファミ通クロスレビューにおいて
『ゼルダの伝説 時のオカリナ』、『ファイナルファンタジーXII』などが
満点の40点を獲得した時に物議をかもしたことがあります。

ちなみにファミ通クロスレビューで
過去に40点満点を獲得したソフトは以下の通り

・ゼルダの伝説 時のオカリナ(N64)
・ソウルキャリバー(DC)
・ベイグラントストーリー(PS1)
・ゼルダの伝説 風のタクト(NGC)
・nintendogs(NDS)
・ファイナルファンタジーXII(PS2)
・大乱闘スマッシュブラザーズX(Wii)
・メタルギアソリッド4 ガンズ オブ ザ パトリオット(PS3)
・428 〜封鎖された渋谷で〜(Wii)



私自身はドラクエ9をプレイしていないので
何も言う権利はありませんが、
ファミ通の評価が正しいかどうかは
自分でプレイして確かめてみるしかありませんね。


ちなみにソフトと同時に発売になった
Vジャンプの攻略本の売れ行きも好調のようです。

ドラゴンクエストIX 星空の守り人 大冒険プレイヤーズガイド (Vジャンプブックス)



9月11日にはスクエアエニックスからドラクエ9の公式ガイドブックがでます。


ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式ガイドブック 上巻●世界編
ドラゴンクエストIX 星空の守り人 公式ガイドブック 下巻●知識編




例年スクエニの攻略本は全国で品切れになりますので、
欲しい方は早めに予約をしておくことをお薦めします。


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。