流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

『トレンドライン 流行の波に乗れ!』へようこそ
当ブログでは面白い流行モノ、トレンド情報を
トレンドソムリエcatuがまろやかに解説します。



トレンドラインTOP > トレンドラインCATEGORY - 流行アニメ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ガールズ&パンツァー』 (GIRLS und PANZER) は
2012年10月から放送しているテレビアニメで、「ガルパン」とも呼ばれています。





『ガールズ&パンツァー』 は戦車を使った武道である”戦車道”がテーマです。
ガルパンの世界では戦車道が茶道や華道と同じように大和撫子の嗜みとされています。
本来相容れなかったと思われるマッチョな戦車と美少女という、
ミリタリーと萌えを併せ持つ異色作品で話題を呼んでおります。


ガールズ&パンツァーのファンはグッズ関連の購入欲が旺盛なのも特徴の一つです。
その購入欲はアニメのDVDやグッズにとどまらず、戦車のプラモデルにまで広がっているようです。


このガルパン人気によって、ちょっと意外な雑誌の売上が伸びて、
しかも重版になったりしています。

その雑誌は大日本絵画の「モデルグラフィックス」と「アーマーモデリング」です。

モデルグラフィックスは表紙もガールズ&パンツァーで、
1回目の特集だった1月号は即完売して重版が決まって話題を呼びました。




アーマーモデリングの方は売れたのがもっと不思議で、
表紙を見る限りガールズ&パンツァーは全然押し出されていません。
なのにこちらも3月号は即完売状態で重版がされました。




確かに巻頭特集においては戦車プラモデル製作の道具解説から組立・塗装まで、
ガールズ&パンツァー登場戦車を使って基本的なテクニックを解説し、
戦車のプラモデルの初心者が最初に読むには素晴らしい特集でしたが、
表紙にアニメの絵もガルパンの文字を大きく出していないのに
まさかガールズ&パンツァー人気で完売までしてしまうとは。。

話によると実勢にガルパンで出てくる戦車のプラモデルの売行きも好調だとか。
ガルパン人気は本来硬派なミリタリー雑誌や戦車のプラモにまで波及しているようです。

他にもガルパンは以下のような本・雑誌も出ています。

別冊spoon. vol.32 「ガールズ&パンツァー」最終回直前総力特集号


ガールズ&パンツァー (コミックス)

スポンサーサイト
人気沸騰中、最終回が近づきつつある
TIGER & BUNNY (タイガー&バニー )。

これまでもご紹介してきましたが、
また新たなタイバニ付録が付くアニメ雑誌があります。


過去記事
TIGER & BUNNY (タイガー&バニー )が大ブレイク

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)関連の雑誌が好調

今回TIGER & BUNNY (タイガー&バニー )の付録が付くのは
Newtype (ニュータイプ) 2010年 10月号です。




Newtype (ニュータイプ) 2010年 10月号には
人気アニメ「TIGER & BUNNY」の特大別冊付録が付きます。
タイバニ別冊は全部で32ページとなる予定です。

先日キャラクターソング「正義の声が聞こえるかい」が発売されるなど
関連商品が目白押しなタイガー&バニー。

ラストまでカウントダウン状態のタイガー&バニーですが、
まだまだその熱は収まりそうにありません。


先日ご紹介したTIGER&BUNNY(タイガー&バニー)、通称タイバニ。
TIGER & BUNNY (タイガー&バニー )が大ブレイク


今では今年一番の人気アニメでいろいろなメディアで
取り上げられておりますが、
原作コミックのないオリジナルアニメなので、
それほど前評判は聞かれませんでした。

原作コミックや原作の小説がある作品であれば
ある程度事前に売れることがわかるので、
いろいろな特集が雑誌でも組まれたりするものです。

でもTIGER&BUNNY(タイガー&バニー)の場合は
海のものとも山のものともつかない状態だったので、
最近までアニメ誌でも大きな特集が組まれず、
関連の雑誌・書籍もほとんど出ていない状態でした。


なのでその反動なのでしょう、あ
最近発売になったタイバニ商品の売上は皆好調です。

今回はこれまでに発売されたタイバニ関連商品を
ご紹介したいと思います。


まずはまっ先にタイバニを表紙にとりあげたTV誌。

TVブロス


特集:TIGER&BUNNY×桂正和『タイガー&バニー』がブロスにやってきた
タイバニのオモシロさを多角的に紹介するべく豪華SPインタビューを
たっぷりと交えた総力特集。 

恐らく一番最初に大々的にタイバニを特集した雑誌は
TVブロスだったと思います。しかも表紙にタイバニ!
さすがとしか言い用がありません。

当時は一部に熱狂的なファンがいるレベルだったのですが、
このTVブロスの売行きは非常に良かったようです。


次に公式のタイガー&バニーのガイドブック2つ。

TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) オフィシャルヒーローブック



一迅社から発売された『TIGER & BUNNY』の魅力満載 キャラクターブック。
個性豊かなヒーロー達の紹介、彼らが挑んだ数々の事件のダイジェスト、
スタッフ&キャストインタビューを掲載。
「シュテルンビルト観光案内」や「折紙サイク ロンを探せ!」などの特別企画も。
豊富な設定画、絵コンテもたっぷり載っております。

見切り名人、折紙先生ファンには「折紙サイク ロンを探せ!」の企画は
すごく気になりますねw


TIGER&BUNNY(タイガー&バニー)公式ムック HERO TV FAN Vol.1


虎徹、バーナビー、ブルーローズ(カリーナ・ライル)、
ロックバイソン(アントニオ・ロペス)、スカイハイ(キース・グッドマン)、
ドラゴンキッド(黄宝鈴)、折紙サイクロン(イワン・カレリン)、
ファイヤーエンブレム(ネイサン・シーモア)
など各キャラクターをたっぷり紹介。
キャスト&スタッフインタビュー、豊富な場面写真も。
付録は2ページ大のポスターが付きます。



次はタイバニ大特集が組まれたアニメ誌

アニメージュ9月号


表紙は「TIGER & BUNNY」の虎徹&バーナビー。
巻頭特集は「TIGER & BUNNY」で「タイバニ」を徹底検証!
SPECIALピンナップはA-side]虎徹&バーナビーcombination★shot、
[B-side]はOPカット集/EDカット集。
Q & Aインタビューにさとうけいいち(監督)。
対談では平広明(鏑木・T・虎徹/ワイルドタイガー)と
森田成一(バーナビー・ブルックス Jr.)が登場。
付録のクリアファイルもタイバニです。


次は桂正和先生のタイバニ読み切り漫画が掲載された週刊漫画誌。

週刊ヤングジャンプ


アニメのタイガー&バニーのキャラクターデザインの
桂正和先生が描くタイバニ読み切り漫画ということで
あっという間に全国で売切れになった話題の号。

通常週刊コミック誌は予約なんて入らないのに
タイバニファンたちが事前予約をして、
発売日当日も普段買わないような女性が
朝から書店やコンビニにで買い回り
店員さんたちを驚かせたようですw

桂正和先生のさすがの画力で書かれた
タイバニ読み切り漫画は、
いかにもタイバニらしいちょっとほろ苦いような展開で
とても素敵な話でした。

多分桂正和先生は絶対言われたくないでしょうけど、
ZMANしばらくお休みしてタイバニ描いてくれませんかねw

これからもタイバニが特集される雑誌・書籍の
発売が予定されております。

またコチラでもご紹介していきたいと想います。
『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)




今年一番の話題のアニメ『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)。
ようやく最近『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)関連の
ムック・雑誌・書籍が発売され始めて売行きが好調です。

『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)は
サンライズ制作による日本のテレビアニメ作品。
2011年4月よりMBSほかで放送中で現在2クール目です。

『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)、通称「タイバニ」は
近未来の街を舞台にした、様々な個性を持つ特殊能力者「NEXT」(ネクスト)が
ヒーローとして活躍する姿を描いたアニメです。

アニメ『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)の中においてヒーロー達は、
企業のスポンサーの援助を受けてヒーローとして活躍しています。

そのアニメの中の設定に基づき、放送前から実在の企業向けに
ヒーローたちのスポンサーを募集するという実験的な商業展開が
行われており、ヒーローたちの体にはバンダイとか
UstreamとかDMMとか牛角とかペプシネックスなどの
スポンサーのロゴが入っています。
テレビ放送では各キャラクターにちなんだ
タイアップCMも放送されたりします。

そしてアニメ『TIGER & BUNNY』(タイガー・アンド・バニー)は
テレビアニメ史上初のUstream連動放送を行っております。

土曜の超深夜にもかかわらず数万人が同時に視聴し、
その感想をツイッターやフェイスブックでリアルタイムに呟く。
それのつぶやきを見て気になった人がまたUstreamで
視聴を始めるという好循環で放送開始以降に
一気に人気が爆発しました。

上記のような様々な仕掛けってのがタイバニヒットの理由の一部ではありますが、
やっぱりタイバニがブレイクしたのはその内容にあります。

ヒーローがスポンサーを接待するパーティーに参加したり、
逮捕や市民の救出にポイントが付加され「キングオブヒーロー」の座を巡る
年間ポイントラインキングを競わされたりどこか哀愁のある存在です。

ヒーロー歴10年のベテラン、ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹(タイガー)は
成績も今一つで人気も振るわない。
そんなある日、タイガーの所属する会社がヒーロー事業部の売却を行い、
突如崖っぷちに立たされてしまう。
そんな彼に再雇用の場として紹介されたのがヒーロー事業に新規参入を果たした
アポロンメディア。

彼はレトロな感じの古いヒーロースーツから、新しいスーツを与えられ、
しかも若くて超イケメンの新人バーナビー・ブルックスJr.(バニー)とのコンビを
契約の条件とされてしまう。

市民を守るヒーローとしての信念を突き通す虎徹に対し、
あくまでポイントを稼ぐために働くバーナビー。

初めはそのヒーローとしてのスタンスの違いから
ギクシャクしていた二人だったが、
悪の組織やヒーローたちのこ交流の中で信頼関係を築いていく。。

これまでのヒーローものとの違いは非常にヒーロー達が人間臭い。
いろいろな悩みや弱さを抱えていてそれがまた魅力になっています。
スポンサー付きのヒーローたちの姿はサラリーマンにも重なる部分があり
それが大人たちの心も惹きつけています。

あとオジサンの虎徹とイケメンバーナビーの間に
勝手に妄想を繰り広げている腐女子な方々の人気もかなり高いですw

製作スタッフにはは漫画家の桂正和をキャラクター原案に迎えております。
ウィングマンやZETMANとヒーローを描いてきた桂はまさに適任。
魅力的なヒーローたちを作り出しました。
そして桂正和の魅力といえばその描く女の子の可愛さ!
タイガー&バニーでもブルーローズやドラゴンキッドなど
可愛い女の子のヒーローが活躍しています。

タイガー&バニーの監督はさとうけいいち、シリーズ構成は西田征史、
アニメーション制作は「ガンダムシリーズ」のサンライズが手掛けます。


今では今年一番の人気アニメになっているタイガー&バニーですが、
原作コミックのないオリジナルアニメってこともあって
事前に売れるかどうか読めなかったせいなのか
最近まで関連の雑誌・書籍がほとんど出ていない状態でした。
なのでその反動で最近発売になったタイバニ商品の売上は皆好調です。
それらのタイバニ関連商品はまた改めてご紹介致します。

タイガー&バニーは9月まで放送されるので
これから見てもまだブームに間に合います。

「なんでこんなアニメが流行ってるの?」とか言ってないで
まず見てみて下さい!

バンダイチャネルではタイバニの1話から5話までが
現在無料で視聴できます。

百聞は一見にしかず。タイガー&バニーブームに乗り遅れないように!

http://www.b-ch.com/ttl/index.php?ttl_c=2963
CUT(ロッキングオン)6月号


5/19発売のCUT(ロッキングオン)6月号は「マクロスF」の大特集で売れてます。

CUT(ロッキングオン)6月号の特集は
「マクロス、そしていま出会うべきアニメたち」。

表紙はウェディングドレス姿のランカ&シェリル。
そして中身もマクロスFがいっぱいです!
マクロスの30年の歴史を振り返り、
『マクロスF』の魅力にも徹底的に迫ります。

河森正治監督、菅野よう子、中島愛、May'nといった
マクロスFのキーパーソン達のインタビューも掲載。
マクロスFファンなら絶対読みたい内容です。

そのほかTVアニメについても強力特集。
ノイタミナと大ブレイク中の『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を特集。
『あの花』からは長井龍雪監督と、声優の茅野愛衣&戸松遥が登場。
『放浪息子』のあおきえい監督、ノイタミナの山本幸治プロデューサーの
ロングインタビューも掲載されています。

他にも『あの花』の脚本家岡田麿里、
『魔法少女まどか☆マギカ』の新房昭之監督、
さらに堀江由衣さんも登場です。

もうアニメファンなら絶対読みたい内容です。
普段CUTなんて読まない人多いかもしれませんが、
現在のアニメを語るためには外せないキーパーソン&
人気声優が多数登場のアニメ特集号、必見です。
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。