流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

『トレンドライン 流行の波に乗れ!』へようこそ
当ブログでは面白い流行モノ、トレンド情報を
トレンドソムリエcatuがまろやかに解説します。



トレンドラインTOP > トレンドラインCATEGORY - 流行TV
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日18時からノイタミナのAR記者会見2010が開催されております。

ノイタミナの新作記者会見をストリーミング配信と
twitter(ツイッター)で実況中継する新しい試みです。

ただ残念ながら動画を配信するUTTREAMがアクセス集中で
記者会見開始早々でダウンw
完全な企画倒れになってグダグダの展開となっております。

とりあえず新作のPVや声優などが登場するはずらしいですが、
どうも映像は見れそうもなりません。

とりあえず現場でつぶやいている人の情報によれば
ノイタミナが30分から1時間枠に拡大するらしいです。

あ、記者会見の動画復活しました。
「四畳半神話大系」のPVやってます。
4月からスタートのようですね。

続きはまた後で。


スポンサーサイト
紅白歌合戦に出場で話題を呼んだスーザン・ボイルですが、
その支払われたギャラが英メディアで伝えられております。


英大衆紙デーリー・エクスプレスによると紅白歌合戦で1曲歌った
ボイルのギャラは3万5000ポンド(約528万円)に上るそうです!

すげー!一曲で500万円超えですか!
これを聞いて他の出演歌手たちはどう思うのでしょうか?

英メディアでは、初めて日本を訪問したスーザン・ボイルの動向を詳しく報じており、
デーリー・エクスプレスは「今は日本がスーボ(英国でのボイルの愛称)に夢中」との見出しで、
成田空港で大歓迎された時の様子をリポートしているそうです。




それにしても瞬く間に生活が変わってしまったスーザン・ボイルさん。
以前にちょっと精神に異常をきたしたこともあるようなので、
無理をしないように頑張って欲しいものです。
12月28日(月)放送のはなまるカフェで紹介された
おめざランキング2009年です。



第1位『くりーむぱん カスタード』1個200円
くりーむぱんカスタード 店:八天堂(はってんどう)

7月22日(水)ゲスト:山口智充さん

第2位『もちもち杏仁』1個300円
もちもち杏仁 店:創作料理 和さび(わさび)

5月1日(金)ゲスト:安藤美姫さん

第3位『チーズどら焼き』1個126円
チーズどら焼き 店:港月堂(こうげつどう)

4月24日(金)ゲスト:新垣結衣さん

第3位『なまどら焼 ごま風味』1個157円
なまどら焼ごま風味 店:榮太楼(えいたろう)

5月26日(火)ゲスト:観月ありささん

第3位『なまどら焼き』1個157円
なまどら焼き 店:榮太楼(えいたろう)

1月30日(金)ゲスト:山寺宏一さん

第3位『十勝生どらやき』1個100円
十勝生どらやき 店:十勝製餡

11月10日(火)ゲスト:研ナオコさん

第3位『バタどら』1個120円
バタどら 店:小戸橋製菓


10月6日(火)ゲスト:杉山愛さん

第4位『フードスタイリスト飯島奈美さんお手製蒸しパン』

11月18日(水)ゲスト:糸井重里さん

第5位『こんにゃくそば』1箱10把入り 2625円
こんにゃくそば 店:酒井製麺所



3月10日(火)ゲスト:坂本龍一さん

第6位『海鮮チヂミ』1枚 2100円
海鮮チヂミ 店:梁の家(やんのいえ)

11月2日(月)ゲスト:金山一彦さん、芳本美代子さん夫妻

第7位『あん食』1.5斤 600円
あん食 店:トミーズ

10月7日(水)ゲスト:常盤貴子さん

第8位『玉ねぎのさつま揚げ』1枚 680円
玉ねぎのさつま揚げ 店:えぼし

1月14日(水)ゲスト:秦万里子さん

第9位『クレープ(あずき)』1個 210円
クレープ(あずき) 店:富岡屋本店

9月10日(木)ゲスト:勝俣州和さん

第10位『西賀茂チーズ』1個 94円
西賀茂チーズ 店:パティスリー菓欒(からん)

2月4日(水)ゲスト:宮崎あおいさん


うーん、どれも美味しそうですね。
お取り寄せできるものもあるようですので、
気になる方はぜひネットで調べてみて下さい。


柔道の金メダリスト対決として注目を集めた
石井慧vs吉田秀彦の試合。

FieLDS Dynamite!!~勇気のチカラ2009~で
ある意味一番注目されていた試合でしょう。

バルセロナ五輪柔道男子78キロ級金メダリスト、ベテラン吉田秀彦(40)と
北京五輪100キロ超級覇者で総合格闘家デビュー戦となった石井慧(23)の戦い。

石井慧vs吉田秀彦の試合の動画を御覧下さい。
[石井慧vs吉田秀彦 柔道金メダリスト対決 ダイナマイト]の続きを読む
先日最終回を迎えたTBS系日曜劇場「JIN-仁-」。

豪華なキャストと丁寧なドラマ作りが人気を呼び、
最終回の平均視聴率は25.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、
今年放送されたすべての民放ドラマで最高視聴率を記録。
最終回の瞬間最高視聴率29.8%をマークしました。

しかしこの視聴率は好調だった「JIN-仁-」の最終回が波紋を呼んでいます。
これまでの話の中や番組宣伝で思わせぶりにクローズアップされていた
包帯の男、謎の胎児、龍馬の暗殺、平成22年のコインなどの謎が放置されたまま
そのまま最終回が終わってしまい、
一部の視聴者から批判や戸惑いの声が上がっているのです。

実際私のまわりでも「JIN-仁-」を見ていた人は多かったみたいですが、
包帯の男、謎の胎児などの謎が最終回で明かされると思っていたのに
明かされないまま終わったのでみんな「え?これで終わり?」って感じだったようです。

視聴者の中からは最近流行りの「続きは映画」商法のために
あえて謎を解かなかったというような声も上がっています。
週刊誌などでも映画や続編の噂について取り上げられていました。


しかしこの続編や映画化の噂にTBSは意外な反応を示しております。
映画やドラマの予定は全くないと言うのです。ドラマで完結だと。

ただ一方で裏では映画化に向けて動いているという噂も流れています。
予想外のヒットだったために当初映画化の話はなかったのですが、
ここまでに人気を終わらせるのは勿体無いと映画化の話が急浮上、
慌ててキャストのスケジュールを抑えているなんて話も。


今回の最終回では、原作コミックにはない、ドラマオリジナルの設定である
平成時代に残してきた、未来(みき)という恋人の存在には、
決着をつけることはできていました。

しかし包帯の男、謎の胎児、龍馬の暗殺、平成22年のコインは
いまいちウヤムヤのままに終わってしまいました。

原作コミックがある作品、しかも連載中の作品の場合は
原作とドラマのストーリーにどのように折り合いを
つけるかと言う問題があります。

たしかに謎の胎児や龍馬暗殺などはまさに現在連載中の漫画でも
扱われている重要なテーマであり、先に勝手に結論を出すことが
難しかったのかもしれません。

でもそうだったら最初からそれらの謎について扱わないという
方法もあったのではないでしょうか?
番宣や予告を見る限り胎児や包帯男について
必要以上にクローズアップしていたくせに
そのまま放置するのは、これまでの丁寧なドラマ作りからは
想像できないようなひどい視聴者だましです。

そもそも原作コミックとは違う、オリジナルの設定も多いドラマだったので、
村上もとかさんもそれほどうるさくなかったはずです。
ドラマはドラマとして完結させるというなら
胎児など原作コミックに出ている話は
完全になくしても良かったはずです。

やっぱりそう考えると謎を残して続編、映画という線は
TBSとしても決まっていないながらも残しておきたかった
というのがホンネではないでしょうか?

まあ謎の多くが現在原作コミックで現在進行中なので
JINの漫画の売れ行きには好都合だとは思います。

とりあえず謎を多く残したまま終わってしまったドラマ「JIN」ですが、
漫画「JIN」ではしっかりと謎が解明されると思われます。
今回のドラマがヒットしたのはキャストの豪華さもありますが、
やっぱり原作コミックがよく出来ていたからだと思います。
ぜひ原作コミックを未読の方々も読んでみてください。

今回のドラマは内容的には頭の数巻分の内容でしかありません。
龍馬の話をドラマに入れたかったから
漫画原作の多くの部分がドラマでは飛ばされていたりします。
ドラマ化されていないエピソードにも仁先生の魅力が溢れています。
漫画版ではドラマとは違う、また魅力的な仁先生の活躍が見られると思います。
普段漫画を読まない人でも十分に楽しめる、
大人のためのおすすめコミックです。





ちなみにドラマJINのDVD-BOXの発売が
2010/03/17に決定しております。

現在アマゾンで27%引きで絶賛予約受付中です。
これだけ人気の高いドラマだったのでDVDも売れるでしょうね。


JIN-仁- DVD-BOX




「JIN-仁-」完結編となる続編が決定
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。