流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > トレンドラインARCHIVE - 2010年03月
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソラニン 全2巻


4月3日に浅野いにおの人気漫画「ソラニン」を原作とした
宮崎あおい主演の映画「ソラニン」が公開されます。

その映画公開に合わせていくつかの浅野いにお関連の
作品が発表されます。


まずは3月27日発売の月刊スピリッツ5月号(小学館)に、
浅野いにおの新作の読み切りが掲載されます。




浅野いにおの新作のタイトルは「ひまわり」です。
田舎町で引きこもりをする男と故郷に出戻ってきた同級生の女、
そこに「甲子園球児を巡る事故」が絡まる人間ドラマを描きます。

また月刊スピリッツ5月号には、映画「ソラニン」公開記念で
ソラニンのクリアファイルが付録で付きます。


また3月29日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ17号(小学館)には
「ソラニン」のサイドストーリーを描いた読み切り
「はるよこい」が発表されます。

あの完成度の高い世界観をもつ「ソラニン」に
サイドストーリーを今更書くのは余計な気がしなくもないですが、
どのレベルの短編なのでしょうか。気になります。


そして3月30日には単行本未収録新作などを収めた浅野いにおの作品集
「Ctrl+T 浅野いにおWORKS」が発売されます。



「Ctrl+T 浅野いにおWORKS」には上に書いた
「ひまわり」「はるよこい」の新作読み切り2本に加え、
完全未発表の筆ペンマンガ「東京」も収められます。

浅野いにおの「おやすみプンプン」のカラー扉、
小説などの装丁画、様々な雑誌に掲載されたイラスト、
第一話のネームなど
過去3年間分のカラーワークスも収録されます。
他にも対談ページや「浅野いにお99の質問」など
面白そうな企画が満載です。

「Ctrl+T 浅野いにおWORKS」には付録も付きます。
「おやすみプンプン」風の装丁がなされた
「ソラニン」1・2巻特別バージョンカバーが付録です。

新作3本、付録付き、全154ページ中64ページが
カラーページという超充実した内容で
価格は1890円ですのでこれは売り切れ必至ですね。
これは浅野いにおファンなら「Ctrl+T 浅野いにおWORKS」は
予約しておいた方が良いかもしれませんね。

映画「ソラニン」公開まであと少し。
「ひまわり」「はるよこい」も合わせて
非常に楽しみです。
スポンサーサイト
デトロイト・メタル・シティ



2008年に松山ケンイチ主演で実写映画化もされて人気を読んだ
若杉公徳の「デトロイト・メタル・シティ」の連載終了が発表されました。

デトロイトメタルシティの連載終了が発表されたのは
3月26日に発売されたヤングアニマルの7号。
4月23日に発売されるヤングアニマル9号で連載終了になります。

ヤングアニマルの記事の中では著者の若杉が
「当初から10巻くらいでまとめるつもりだった。
ラストまで全力で頑張るので読者のみなさん応援よろしくお願いします」と発言。

しかし同時に掲載されているアシスタントや担当編集者らは
全員が「先生がへそ曲げた」と説明。
連載終了の真相は闇の中ですが、
あと3回で最終回を迎えるのは本当みたいです。


「デトロイト・メタル・シティ」の連載開始は2005年。
デスメタル界の帝王と称されるメタルバンドのボーカル、
ヨハネ・クラウザー・II世の素顔が、ポップ・ミュージックを愛する
平凡で気弱な青年であるという設定のギャグマンガ。
連載当初からそのぶっ飛んだギャグが人気を呼びました。
DMCのコミックの帯には有名アーティストのオススメコメントも
掲載されていました。
2008年には松山ケンイチ主演で実写映画化もされ、
そこがDMCの一番の人気のピークだったと思います。

単行本は8巻まで発売中ですが、DMCが面白かったのは
4巻ぐらいまでですかね。映画が公開された頃には
すでに連載がややマンネリ化してつまらなくなってました。
もう最近は見るのも苦痛なレベルになっていたので
そろそろ潮時だったのかもしれませんね.

でも4巻ぐらいまでのデトロイトメタルシティは超面白かったです。
たぶん今読んでも面白いし、映画も結構面白かった。
SATSUGAIとかのライブシーンも格好良かったです。



デトロイトメタルシティが終わってしまうのはちょっと残念な気もしますが、
どんなラストを迎えるのか楽しみにしたいと思います。

「デトロイト・メタル・シティ」が連載終了 ヤングアニマルDMC最終回
そばもん ニッポン蕎麦行脚


現在3巻まで発売されているビッグコミック連載中の
山本おさむのによる、そば限定グルメ漫画「そばもん」。

名人と謳われた伝説の江戸そば職人の祖父からすべての技術を引き継ぐも
自分では店を持たず、日本全国を自由気ままに放浪しながら
蕎麦を打つそば職人である主人公の矢代稜。

「そばもん」の内容はまさにグルメ漫画の大御所「美味しんぼ」っぽいです。
ひたすら美味しんぼの蕎麦の回がつづいている印象です。

そば屋の天ぷらの話(普通の天ぷらと天ぷらそばの天ぷらは違う)、
つゆの濃さとそばの食べ方の違い、
「もり」と「ざる」の違いや歴史、かつを節からだしをとる方法、
そば湯の話、白いそば、黒いそばの違いとそばに関するあらゆるうんちくが
身につくのが「そばもん」です。

「そばもん」の監修者として、
元「有楽町・更科」4代目の藤村和夫さんの名前が記載されています。


美味しんぼ同様に漫画に描かれている内容が
100%正しいとは限りませんが、
蕎麦の色々な知識が身につきます。

ただ、そばもんの魅力は蕎麦のうんちくだけではありません。
流しのそば職人である稜は大手チェーン店に
客を奪われて困っている小さい蕎麦屋の店主に
蕎麦の技術を伝授するなど、蕎麦で悩める人たちの関わる
人間ドラマも「そばもん」の魅力です。


そばもんはそばを食べることが大好きなそば食いはもちろん、
中高年で趣味でそば打ちに興味を持っている人も
十分に楽しめる内容になっています。
「美味しんぼ」「築地魚河岸三代目」「玄米せんせいの弁当箱」
「あんどーなつ」などグルメうんちく系漫画が好きな人も
絶対面白いおすすめコミックです。

ちなみにそばもんの山本おさむさんは
重複障害の子供たちを描いた「どんぐりの家」が有名です。
しっかりした表情豊かなキャラクターを描いております。

とにかく「そばもん」を読んでいると
ひたすら美味しい蕎麦が食べたくなります。

最近では簡単なそば打ちセットが販売されたりしており、
中高年お間でも蕎麦打ちを趣味とする人が増えていると言います。
是非そば打ちを趣味とする方は、そばもんも読んで
さらにそばに関するうんちくも身につけましょう。





小学館コミック -ビッグスリーネット-[ビッグコミック:そばもん]
http://big-3.jp/bigcomic/rensai/sobamon/index.html


ウルトラジャンプ 2010年 4月号


「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの荒木飛呂彦さんが、
フランスのルーブル美術館との共同プロジェクトで、
ルーブル美術館をテーマに描いた漫画
「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」が「ウルトラジャンプ」(集英社)4月号に掲載され
話題を呼んでいます。

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」は「ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物
岸辺露伴が“世界一黒く邪悪な絵”の謎を知るためにルーブル美術館に足を運ぶ
という物語で今号より全3回、計123ページという大作です。

ウルトラジャンプ4月号に掲載の第1回「前編」は48ページで、
今後3カ月連続で連載される予定だそうです。

今回の企画はルーブル美術館が漫画を通してルーブルの魅力を伝える
プロジェクトを進めており、2007年に荒木さんに執筆の依頼があったそうです。

「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の掲載に合わせて、ウルトラジャンプでは
4月号には「『ジョジョ』通算100巻記念ミニブック」が特別付録に、
3号連続で特製図書カード(500円分)を毎回150人にプレゼント企画があります。

荒木飛呂彦さんはウルトラジャンプで現在
「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの
「スティール・ボール・ラン」を連載しています。



ただ今回は岸辺露伴登場とういことで
非常にウルトラジャンプの売れ行きも良好のようです。
ジョジョファンは絶対押さえておきたいですね。


岸辺露伴 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B8%E8%BE%BA%E9%9C%B2%E4%BC%B4

ウルトラジャンプ 2010年 4月号

●豪華二本立て!!
表紙&特別付録「STEEL BALL RUN」
巻頭カラー&特集記事「岸辺露伴ルーヴルへ行く」 荒木飛呂彦
荒木飛呂彦×ルーヴル美術館コラボ企画!3号連続掲載第1回目!!

●「岸辺露伴ルーヴルへ行く」特別企画!
3号連続図書カードプレゼントスタート!!

●特別付録[JOJO'S BIZAARE ADVENTURE 100.5]
『ジョジョ』シリーズ通算100巻記念ミニブック!

石塚真一さんが「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の人気漫画
『岳 みんなの山』が2011年に映画化されるのですが、
今回映画「岳-ガク-」の出演者が発表されました。

映画「岳-ガク-」のキャストは以下の通り

ボランティアの救助隊員、島崎 三歩(しまざき さんぽ)に小栗旬、
野県警察の山岳遭難救助隊の新人隊員、椎名 久美(しいな くみ)に長澤まさみ、
長野県警察の山岳遭難救助隊チーフ、野田 正人(のだ まさと)に佐々木蔵之介。

こう言っちゃなんですが、全然イメージが違うww

三歩なのに体が細いwwイケメンすぎるww
久美ちゃんが女っぽすぎるwww
野田さんが無駄に濃いwww

特にこの物語のキーマンであり、
その大らかで優しい人柄が山そのものを現すような
三歩が小栗旬ってのは完全にミスキャストですね。

小栗旬のプロ意識の高さや演技への真摯な姿勢には
好感を持っているので(彼は台本はすべて暗記して現場に持ち込まない)
別に小栗旬自身をどうこう言うつもりはありませんが、
どんなに演技がうまいとしても三歩とイメージが繋がらないです。

三歩は根っからの山男であり、人を担いて垂直の壁をスイスイ登る
強靭な肉体の持ち主でもあります。
なのである程度ナチュラルに体がでかい人間じゃないと
イメージがあわないのです。

以前に「岳」の映画化が決まったときに
キャストの予想を書きました。

「岳 みんなの山」2011年に実写映画化決定

その時挙げたキャスト予想は

香取慎吾
佐藤隆太
坂口憲二
伊藤英明

でした。

正直このキャストは演技が大して上手くないですし、
好きな俳優ってわけではありませんが、
体ががっちりしているのでイメージが合うのです。

一方小栗旬くんですが、wikiによれば身長184cm、体重62kg。

細いw細すぎるww
ていうかガリガリだろ。

「岳」の臼井央プロデューサーはキャストの起用理由について
「山で会ったら、また会いたくなる魅力にあふれた三歩を演じられるのは
 小栗さん以外にいないと思った。
 肉体的に信頼度の高い人というのも重要なポイントだった」
「『世界の中心で愛をさけぶ』で見せた全身でぶつかっていく演技が
 随一の長澤さんなら、極限状態に追いやられた椎名久美という役を演じ切ってくれる」
と語っているそうです。

んー、これ本気で言ってるんですかね。
小栗旬が”肉体的に信頼度の高い人”って。。
あと長澤まさみについて語るのに
未だにセカチューだす時点でダメだろ。
あれからのイメージの劣化が激しいのが長澤なんだから。


ただ小栗旬と長澤まさみは今回の役に本気ではあるようです。
2人は真冬の山岳トレーニングを積み、長澤まさみは30センチ髪を切って役作りをするという
気合の入れようで、標高3000メートルの雪山でのロケに挑んでいるとか。

小栗旬は原作の漫画の大ファンで全部読んでいるそうです。
すでに昨年末から3カ月の山岳トレーニングを積んで
かなり登山技術は向上しているようですが、
もう少し太ることはできないもんですかね。
体重は90キロぐらいは欲しいところでしょう。

映画「岳」の監督は、ドラマ「花より男子」など数々のヒットドラマを手掛けた片山修。
脚本は、映画「Life 天国で君に逢えたら」の吉田智子。
音楽は、「ALWAYS三丁目の夕日」や「龍馬伝」(NHK)の佐藤直紀が担当。

小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介以外のキャストでは
エアレスキュー・パイロット牧役で渡部篤郎さん、
山小屋を営む女主人谷村文子役で市毛良枝、
救助隊員・阿久津役で石田卓也さんも決定しております。

これだけのメンツを集めているのだから
失敗は許されない本気の映画なのだと思います。
雪山のロケは危険だし、お金もすごいかかるでしょうし。

原作コミックの「岳」は、08年に第1回「マンガ大賞」を受賞し、
第54回(平成20年度)小学館漫画賞一般向け部門も受賞。
コミックスは累計240万部を発行している超人気作。

昨年の片山右京さんの富士山での事故など
山での遭難事故が増加している昨今
さらに読者が増えそうな漫画です。

是非とも映画も成功して欲しいと思います。


岳 みんなの山 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B3_%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%B1%B1

小学館:『岳~みんなの山~』
http://comics.shogakukan.co.jp/gaku/

小学館コミック -ビッグスリーネット-[ビッグコミックオリジナル:岳
http://big-3.jp/bigoriginal/rensai/gaku/index.html
ヤマザキマリの「テルマエ・ロマエ」が大賞に輝いたマンガ大賞2010。
TVでも「テルマエ・ロマエ」は大きく取り上げられ
大きく脚光を浴びました。

マンガ大賞の昨年の大賞は今や誰もが知っているカルタ漫画「ちはやふる」。

ただこれらのスポットライトを浴びる大賞作品の影で
2年連続で2位という非常に惜しい結果に終わっている作品があります。

それは現在モーニング(講談社)で連載中の
小山宙哉さんの「宇宙兄弟」です。



今回のマンガ大賞の結果を受けてモーニングの公式サイトでは、
宇宙兄弟の主人公であるムッタこと南波六太の心境が動画で公開されています。

以下が宇宙兄弟の主人公、冴えないアニキのムッタの心境です


あー、なんかせつないw
でも2位ってのがムッタには似合っている気もします。

ちなみにマンガ大賞の選考対象は「最新巻が8巻までのマンガ」なので、
残念ながら現在8巻まで発売されている「宇宙兄弟」は
来年からは選考対象外になります。今回がラストチャンスだったのです。

2年連続ノミネートで2年とも2位ということは
よほど先行者たちから愛されている作品ってことです。
でもそれでも1位に出来ないのは何処か地味な雰囲気がただよう
作風からでしょうか。本当に惜しいですね。

それにしてもマンガ大賞のTVでの取り上げ方は
あまりに1位の作品に偏りすぎてますよね。
オリンピックだって金銀銅と3位までは表彰台に乗れるのだから
せめて3位ぐらいまでスポットライトを当てれば良いのに。
せっかく漫画が大きくTVで取り上げられる機会なのに。

マンガ大賞の運営の皆様。
大賞ばっかりを大きく取り上げないで
もう少しリリースの方法を変えませんか?
僅差で2位だったムッタ兄ちゃんが可哀想ですよ。

宇宙兄弟はSFものと言うよりも
兄弟の物語であり、宇宙を目指す人達や
その家族のヒューマンドラマです。

もじゃもじゃ頭であまりパッとしないタイプの
地味な南波六太が主人公ではありますが、
とても温かい気持になれる良い漫画です。

地味でドジな主人公が弟に遅れながらも
宇宙飛行士として成長して行く物語は
自分も頑張ろうという気持にさせてくれます。

確かに「テルマエロマエ」は面白いです。
今もっとも旬な漫画だと思います。

ただ派手さはなくても、じっくり良い漫画ってのがあります。
しっかりとした物語が読みたい方には宇宙兄弟は絶対おすすめです。
waltz(ワルツ)


今回のおすすめコミックはゲッサン(小学館)で連載中の
「重力ピエロ」や「ゴールデンスランバー」の伊坂幸太郎が
原作を書き下ろしたマンガ「waltz(ワルツ)」。

waltz(ワルツ)は大須賀めぐみさんが画を担当。
この伊坂幸太郎と大須賀めぐみのコンビは
「魔王 ジュブナイルリミックス」(週刊少年サンデー連載)と
同じコンビです。

そしてまさにこの「魔王 ジュブナイルリミックス」に
登場した殺し屋蝉が主人公のスピンオフ作品です。
「魔王」の第一章から約4年遡り、蝉と岩西の出会いが描かれています。




前回の「魔王」は伊坂幸太郎の小説「魔王」を
大胆にアレンジした作品でした。
「グラスホッパー」も絡めています。

ただ今回のwaltz(ワルツ)は伊坂幸太郎
自身初となるオリジナル漫画原作の作品です。
しかも大須賀めぐみさんが描いたネームは
毎回伊坂幸太郎がチェックして
アイディアを盛り込んだりしているそうです。
そう、今回は完全に伊坂ワールド作品なのです。


もちろん作中で名前と名言だけが登場するミュージシャン
「ジャック・クリスピン」の言葉も伊坂幸太郎が
考えているそうです。やっぱりセリフのキレが違います。

先日発売になったばかりのwaltzの1巻も
非常にいきいきした魅力的なキャラクターが沢山出てきます。
伊坂幸太郎と大須賀めぐみのコンビは今回も
良いケミストリーを起こしているようです。

そしてなんといってもこのwaltz(ワルツ)の魅力は
主人公の蝉(せみ)の存在です。
「魔王」の時も蝉の持つ狂気は異常な魅力を放っていましたが、
今回の蝉はまだ幼く、少年っぽさを残しています。

ていうか、waltz(ワルツ)の蝉は可愛すぎるw
すでにその目には狂気が宿ってはいるのですが
時折見せる人間らしい感情や表情がえらく可愛い。
もうこれはツンデレ萌え漫画と言っても過言ではありませんw
waltz(ワルツ)の1巻の表紙にもなっている
ウサ耳付きのパーカーもとても可愛くて良いです。


『魔王』の世界は中二病満載でしたが、
今回のwaltz(ワルツ)も「魔王」が好きだった人は
絶対に気に入る内容です。

「魔王」は異常なほどの高いテンションを持った漫画でしたが、
「waltz(ワルツ)」の第一巻はまだウォームアップで
静かに踊り始めたばかりです。

今回は伊坂幸太郎が自ら書き下ろしているので
面白くないわけがありません。これからが非常に楽しみなおすすめコミックです。
テルマエロマエ


当ブログでも以前から何度も取り上げてイチオシしてきた
ヤマザキマリさんのテルマエ・ロマエが
なんとマンガ大賞2010の大賞を受賞しました!!

マンガ大賞2010にテルマエロマエがノミネートした時でさて
「なんでこんな錚々たるメンツのなかでテルマエ・ロマエ?w」とか
思っていたのですが、なんとこの風呂限定タイムスリップ漫画
テルマエ・ロマエが漫画の大賞まで取ってしまうとは…。
ルシウスすげぇ。

ちなみにマンガ大賞とは書店員を中心とした選者が
最新刊が8巻までのマンガの中からオススメのコミックを選ぶ漫画賞。

ちなみにマンガ大賞2010の結果は以下の通り

大賞 『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ

2位 『宇宙兄弟』小山宙哉


宇宙兄弟は2年連続2位かぁ。惜しかったなぁ。
宇宙兄弟は宇宙飛行士を目指す兄弟の話。
まさに王道の面白いマンガなので本当は
今回大賞を取って欲しかったですね。


3位 『バクマン。』大場つぐみ・小畑健


3位のバクマンは今や説明も不要な
大場つぐみと小畑健のデスノートコンビの
プロの漫画家を目指す高校生の話。
今年の秋にはNHKでのアニメ化も決まっています。


4位 『アイアムアヒーロー』花沢健吾


「アイアムアヒーロー」は
ボーイズ・オン・ザ・ラン、ルサンチマンの
花沢健吾のホラー漫画。正直かなりキモイです。
ホラーと言うよりも主人公の精神状態が。
一般受けは難しいですが、今後さらに面白くなりそうです。


5位 『娚の一生』西炯子


「おとこのいっしょう」と読みます。枯れ専漫画。
海江田のセリフにしびれます。

6位 『虫と歌 市川春子作品集』市川春子


市川春子の短編集。
面白い話もありますが、やや説明不足な難解な話が多いです。



7位 『海月姫』東村アキコ


「ひまわりっ!」「ママはテンパリスト」の東村アキコの作品。
腐女子が沢山出てきます。ギャグマンガながらも王道の少女漫画でもあります。


8位 『モテキ』久保ミツロウ


派遣社員の29歳の非モテ男に突然モテキが訪れた話。
うん、もう少し積極的にならんとダメですな。

9位 『高校球児 ザワさん』三島衛里子


球児ではありますが、あまり野球シーンはありません。
無防備なスポーツ女子に萌えるフェチ漫画です。


10位 『アオイホノオ』島本和彦


「炎の転校生」の島本和彦による
バクマン同様漫画家を目指す大学生の話。


一応私はすべての作品を読んでいますが
マンガ大賞はあまりひねらないで
すでにかなり売れている王道作品を選んできますね。
やや後追い感が強いので、大賞に選ぶことで
さらにマンガの売上をあげるという目的はないのかもしれません。

ただ普段漫画を読まない人にとっては
今旬の漫画を押さえるのに良いガイドラインになると思います。
テルマエ・ロマエはまだ1巻しか出てないし、
普通におもしろいので超おすすめです。

宇宙兄弟はまさに王道の漫画らしい漫画。
プラネテス、ふたつのスピカ、MOONLIGHT MILEなど
宇宙漫画にハマったことがある人なら絶対面白い。
そうじゃない人にも面白い。

バクマンは絵もうまいし、非常にストーリーも面白い。
漫画家を目指す話ですがスポーツ漫画のように熱いです。
純愛モノでもあります。

あとはモテキも現代っぽい作品ですね。
男性でも女性でもいらいらするぐらい
消極的でネガティブな男の話です。
出てくる女性キャラも非常に魅力的です。

テルマエ・ロマエ、バクマン、宇宙兄弟、モテキは
とりあえず誰でも勧められる面白い漫画です。
後の作品も十分面白いですがやや読者を選ぶかもしれません。

とにかくテルマエ・ロマエだけでもいいので
是非読んで欲しいです。漫画はまだまだ面白いのです。
ハルシオンランチ


「無限の住人」の沙村広明がgood!アフタヌーン(講談社)で連載中の
待望の最新作「ハルシオンランチ」。

とりあえずハルシオン・ランチのあらすじ、ストーリーはこちら


経営していた会社が潰れホームレスとなった化野元(あだしのげん)の前に、
突然現れた美少女ヒヨス。
彼女の正体は宇宙から来た奇妙な存在だった! 
不思議なお箸でリアカーから人間まで何でも一瞬で食いまくる。
そして吐きまくる……!? 
科学大好きなヤンキー女、会社をつぶした張本人たるダメ男、
果てはヒヨスの仲間まで加わって、
そこらじゅうでシュールにホンワカと荒唐無稽な大騒動! 
まったりオート系SFコメディ、いよいよ開幕です!!



これはひどい説明www
でもまさにこんな話です。

正直ストーリーはぶっ飛んでます。
意味がわかりません。

でもすごく面白い。
本当にくだらない展開が
沙村広明の無駄にカッコイイ絵で描かれているのが
むずむずした笑いを誘います。

無限の住人もシリアスながらも
どこか可愛らしい雰囲気を時々感じる作品ですが、
ハルシオン・ランチの登場人物たちも
支離滅裂でダメ人間ばかりですが
どこか愛すべき人たちです。

それにしてもSFという何でもありな設定で
制限なく書きまくった沙村広明はすばらしい。
本当に天才だと思います。

ハルシオン・ランチが好きな人は
こちらの沙村広明作品もおすすめです。

シスタージェネレーター


おひっこし



あとブラッドハーレーの馬車もありますが、
これはちょっと欝になりそうな設定なので
あまりおススメはできません。すごい作品ですが。



ハルシオン・ランチはとにかくヒヨスが可愛い。
恐らく何処かにはいるであろう美少女嘔吐マニアには
たまらない作品だと思います。たぶん。

沙村広明さんの作品は時事ネタや漫画ネタが
細かく散りばめられています。
そのネタが分かると漫画ヲタで良かったと思います。
あとある程度年齢行ってないと分からないネタもあります。
そのネタが分かると30超えてて良かったと思います。

そうは言ってもハルシオン・ランチは一部の漫画好き以外でも
十分楽しめる内容だと思います。

それにしても沙村広明さんの絵はいいなぁ。
性格がキツいつり目の女の子を描かせたら世界一だと思います。
沙村広明の絵が好きなのは私が猫好きだからでしょうか。

とにかくハルシオン・ランチは超オススメです。
是非天才沙村広明ワールドをご堪能下さい。




good!アフタヌーン|ハルシオン・ランチ|作品紹介|講談社
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/KA00000228
週刊少年ジャンプで好評連載中の椎橋寛原作の
「ぬらりひょんの孫」のアニメが7月よりBS11ほかにて放送されることが、
3月15日発売の週刊少年ジャンプ15号で発表されました。




アニメ版「ぬらりひょんの孫」の監督は「今日からマ王!」シリーズなどで知られる
西村純二が務めるそうです。

それにしても「ぬらりひょんの孫」レベルの人気ジャンプ漫画が
地上波じゃないってのはちょっと意外な感じもします。非常にもったいない。

ただBS11ってのは無料放送なので、
BSデジタル放送用のアンテナとチューナーさえあれば
誰でもタダで見ることが出来ます。
まあウチにはないけどねorz

今回BS11ってのを始めて聞きましたが
どれぐらい有名なんでしょうか。
ぬらりひょんの孫のアニメ放映権買うぐらいだから
それなりの資金力はあるのでしょうけど。

最近GIANT KILLINGもNHKBSで放送だったり
地上波じゃなくBSでの放送が増えてきてる気がします。
地上波にお金がなくなって放映権を買う余裕がないのでしょうか。
でもBSも儲かってるとはあまり思えませんが。
できれば誰でも見れる地上波がいいんですけどね。


アニメぬらりひょんの孫関連記事
「ぬらりひょんの孫」アニメは7月放送スタート


ぬらりひょんの孫 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AC%E3%82%89%E3%82%8A%E3%81%B2%E3%82%87%E3%82%93%E3%81%AE%E5%AD%AB

ぬらりひょんの孫 公式サイト
http://www.nuramago.jp/

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」





以前に当ブログでも紹介した
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」が
TBSの「王様のブランチ」で紹介されたそうです。

すでに結構売れていたライトノベル風ドラッカー本、
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は
「王様のブランチ」効果で全国の書店でまた売れているようです。
アマゾンでも今現在も書籍の売れ行きランキングの3位にいるようです。


「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は
タイトルがあまりに長いので「もしドラ」と略して呼ばれたりしています。


この「もしドラ」と一緒に売れているのが
本家ドラッカーのマネジメントのエッセンシャル版です。



こちらも現在アマゾンのランキングで7位にいます。


それにしても王様のブランチBOOKコーナーは
先日のテルマエロマエもそうでしたが、
紹介されると一気に売上があがります。
TVというメディアの影響力はまだまだ強いようですね。


ドラッカーを全然知らない方は
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」で
ドラッカーの基礎的な考え方を学び、もっと知りたい興味をもったら
本家ドラッカーの「マネジメント」にも手を伸ばしてはいかがでしょうか。

テルマエ・ロマエ描き下ろし特製手ぬぐい付録
月刊コミックビーム4月号(エンターブレイン)


現在単行本1巻が全国書店で売れまくっているテルマエロマエ。





テルマエロマエはエンターブレインの月刊コミックビームで
不定期連載されていた作品ですが、
3月12日発売の月刊コミックビーム4月号より本格連載化が決定しました。

月刊コミックビーム4月号では
ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」が表紙と巻頭カラーで登場。
そしてなんと描き下ろしイラストのテルマエロマエ特製手ぬぐいが
付録として付いております。
エンターブレインさんもここまで売れるとテルマエロマエを超イチ押しですね。
このコミックビームの赤い手ぬぐいで背中洗ってるイラストもイイ!

ヤマザキマリさんのブログによると、
「風光明媚なナポリ湾を東海道五十三次っぽく」描いたそうですw
四国の業者さんが作った純粋な国産品とのこと。

ヤマザキマリ・Somos em Portugal
http://moretsu.exblog.jp/10156106/

それにしてもテルマエロマエの売れ方はハンパないですね。
この前書店に言ったら「全国書店員が選んだおすすめコミック2010」という
企画でもテルマエロマエが上位に選ばれているようです。すごい人気ですね。
「マンガ大賞2010」にもノミネートされていますので、
もしこれでテルマエロマエが大賞にでも選ばれたら凄いですね。

恐らく今年一番のヒットとなりそうな風呂限定タイムスリップギャグ漫画の
テルマエロマエ。乗り遅れないように読んでない方は早めにおさえておきましょう。

テルマエ・ロマエが気に入った方は
同じくヤマザキマリさんの
モーレツ!イタリア家族も要チェックです。




テルマエ・ロマエ関連過去記事
テルマエロマエ
テルマエロマエ 風呂限定タイムスリップ漫画 マンガ大賞ノミネート
志村貴子「放浪息子」



志村貴子の「放浪息子」のアニメ化が決定しました!
3月12日発売の月刊コミックビーム(エンターブレイン)で
「放浪息子」のアニメ化が発表されました。

ただ今回はアニメ化の発表だけでスタッフやキャストなどの
詳細は公開されていません。

志村貴子の「放浪息子」は2002年12月号より月刊誌コミックビームで連載が開始。
現在も連載中で単行本は9巻まで刊行されています。
最新巻となる10巻は3月25日に発売されます。



女の子になりたい男の子・二鳥修一と
男の子になりたい女の子・高槻よしのが主人公。

志村貴子は「青い花」ではいわゆる百合の世界を描いていますが、
修一とよしのが自分の性別、友人関係に悩み葛藤する姿を描いています。
ちなみに「放浪息子」は1〜4巻は小学生編、5巻からは中学生編になっています。


性を描く作品はテーマ的に重くなってしまったり生々しくなってしまいがちですが、
志村貴子さんはなんとも自然に淡々と描くのがうまいなぁと思います。


志村貴子さんといえば「青い花」も名作です。



「青い花」は2009年7月から9月まで
フジテレビ『NOISE』にて全11話で放送されました。



もうこれは本当に神アニメでした。
こんな素晴らしい作品が超夜中の「NOISE」でやるなんて
正直信じられなかった。ほんと見たことない人は見た方が良いです。
制作はJ.C.STAFF。4月からの会長はメイド様や秋からのバクマン。も
J.C.STAFFが作成します。

志村貴子さんの淡いタッチをアニメ化するのは
なかなか高い技術がいると思いますが
放浪息子はどこのアニメスタジオが制作するのでしょうか。
青い花にハマった私としては期待せざるをえません。

青い花は1巻1000円とかなり高いですが、
放浪息子は1巻600円台とお手頃価格です。
志村貴子さんの作品はハズレはないので
気になる方は是非読んでみて下さい。
現在フジテレビで好評放送中の西尾維新のライトノベル原作の
大河アニメ「刀語」(カタナガタリ)が面白いです。



「刀語」は元々講談社BOXの企画「大河ノベル」の2007年作品として、
12か月連続で発売された西尾維新のライトノベルです。

刀語のストーリーは
刀を使わない剣術「虚刀流」(きょとうりゅう)の
七代目当主である鑢七花(やすり しちか)と
奇策士とがめ
伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を求めた
闘いの旅を描きます。

2010年1月からスタートした刀語のテレビアニメ『刀語』は、
大ヒットした『化物語』シリーズに続く“西尾維新アニメプロジェクト”の第2弾。
毎月1話・各話1時間ずつの放送で一年間にわたって全12巻を
完全映像化する“大河アニメ”です。

講談社BOXの竹の描くイラストをそのまま動かしたような
アニメの映像は最初は「うーん、あまり好きな絵じゃないな。」と
思いましたが、第一話を見た途端にハマりました。
さすが西尾維新の言葉遊びの妙技です。
そのうちその絵さえ好きになってしまいます。

鑢七花のまっすぐな言葉には時々ドキッとさせられ、
奇策士とがめの絵に書いたようなドジっ子、ツンデレキャラも
なかなか可愛らしいです。

刀を持つ敵たちもなかなか魅力的で
そのセリフはまさに西尾維新節で名言が沢山出てきます。

月1放送で1年放送というのはなかなか新しい放送形態ですが、
ついつい放送を見忘れてしまいそうです。
ただたっぷり1時間見れるのはなかなか嬉しいです。

現在3話まで放送されておりますが、
基本的に1話で1つの刀を求める一話完結型なので
まだまだこれからでも間に合うと思います。

私は化物語で西尾維新に触れた新参ですが、
刀語の今後が楽しみです。




刀語 - 西尾維新アニメプロジェクト
http://www.katanagatari.com/

刀語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%80%E8%AA%9E

サマーウォーズ [Blu-ray] ~細田守


サマーウォーズ [DVD] ~細田守


劇場版アニメ「時をかける少女」の細田守監督らスタッフが再結集し、
09年夏にロングランで大ヒット、動員100万人を超えた話題のアニメ映画、
サマーウォーズのBlu-ray&DVDが3月3日に発売になりました。
レンタルも同時に開始しております。

「第24回デジタルコンテンツグランプリ」では、
『サマーウォーズ』は最高賞にあたる“経済産業大臣賞”を審査員満場一致で受賞、
第9回東京アニメアワードでは、「アニメーションオブザイヤー」など
史上初の7部門を受賞し、第64回毎日映画コンクールのアニメーション映画賞も、
前作から連続で獲得しております。

以下サマーウォーズのストーリー・あらすじ

主人公はちょっと弱気で人付き合いも苦手な、17才の理系少年。
高校2年の夏休み、天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、
憧れの先輩、夏希にアルバイトを頼まれる。
二人が辿りついた先は、長野にある彼女の田舎。そこにいたのは総勢27人の大家族。
夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。
栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。
そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。
栄のためにと強引に頼み込まれ、数日間の滞在をすることになった健二。
賑やかな親戚の面々に気圧されながら、必死に「フィアンセ」の大役を果たそうと奮闘するのだった。
そしてその夜、彼の携帯に謎の数字が連なったメールが届く。
数学が得意な健二はその解読に夢中になるのだが…
翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、世界を混乱に陥れていたのだ。
「私たち一家でカタをつけるよ!」
栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々が、
一致団結して世界の危機に立ち向かう!



とにかく仮想空間OZを描くそのCG映像は圧巻。
これは是非劇場で見たかったなと思いました。

物語はちょっとご都合主義的で突っ込みどころ満載ではありましたが、
リアルな現実世界での繋がりとバーチャルな世界での繋がり、
両方を大事なものとして描いているのに好感が持てました。

バーチャルな世界は色々と悪い面が強調されがちですが、
ネットの世界のゆるい繋がりによって生きられている人だって
きっといるはずだし、その繋がりが現実の繋がりよりも
劣ることは決してないと思います。

サマーウォーズの声のメインキャストはプロの声優さんではなく、
俳優さん、女優さんが演じています。
主人公の小磯健二は神木 隆之介、
ヒロインの篠原夏希は桜庭 ななみ、
キングカズマこと池沢佳主馬は谷村美月、
陣内家、16代目の当主、陣内栄を富司純子が演じています。

最近のジブリ映画でもこの傾向は強いですが、
ちょっとこれは???な部分もあります。
みんな俳優、女優としては良いと思うのですが、
ちょっと棒読み傾向が強く感じました。
やっぱり実際の演技とアニメのアテレコは
ずいぶん違うんですかね。
ある程度話題を呼ぶためにもタレントさんを
起用することは必要悪なのかもしれませんが。。
ただ富司純子さんは非常にうまかったと思います。
さすが大女優。

サマーウォーズの物語は教科書的なところもありますが、
田舎の大家族とバーチャルなネット世界という
かけ離れた題材を同時に描くのに成功していると思います。
後半は結構グッと来て泣ける部分もありました。
最後はとても爽やかで暖かい気持になれる良い映画だと思います。

昨年一番の注目アニメ映画「サマーウォーズ
是非見てみてはいかがでしょうか。



サマーウォーズ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA

映画「サマーウォーズ」公式サイト
http://s-wars.jp/

≪CAST & STAFF≫
神木 隆之介/桜庭 ななみ/富司純子/谷村美月/斎藤歩 ほか

監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
作画監督:青山浩行
美術:武重洋二
音楽:松本晃彦
アクション作画監督:西田達三
音楽:松本晃彦
主題歌:山下達郎「僕らの夏の夢」(ワーナーミュージック・ジャパン)
アニメーション制作:マッドハウス
日本テレビ放送網・マッドハウス 提携作品
製作:角川書店 ドリームパートナーズ ワーナー・ブラザース映画 読売テレビ放送 バップ
配給:ワーナー・ブラザース映画

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?


可愛らしい女の子を主人公が表紙を飾る
萌え系ライトノベル風ビジネス書がブームになっていますが、
「女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!? 」も売れています。


萌え系ライトノベル風ビジネス・マーケティング

新人マーケター乙女侍奮闘記 萌え系ライトノベル風マーケティング本


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

以下「女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!? 」の
ストーリー・あらすじです。

17歳の女子高生が、父親の急死で、突然社長に――――
ちえ にとっては知らないことばかり、
「これが、カイシャ!?」と、つぶやく
「発見」の毎日・・・・・・

楽しめながら、ためになる、
会社がわかる、人間関係もわかる

「ケーススタディ」ビジネス・ノベルス!!


女子高生がある日突然会社の社長にという
奇想天外な物語ですが、さらっと読めるな作りですが、
内容はしっかり濃い仕上がりになっています。

営業、商品開発、工場での生産、社内の人間関係などなど、
実際に日本中の会社で起きているリアルな問題に
女子高生ちえが向き合っていきます。

ライトノベルのような読みやすい内容ながらも
「女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!? 」を
読み終わったころには会社の業務の概要や、
基本的な用語を自然と分かるようになっています。

著者は業務改革・ブランド構築が専門のコンサルタントとのことで、
生産管理、在庫管理、商品開発、顧客開拓、ブランド構築など
基本的な用語の意味をネコのワンタの解説によって
分かりやすく説明されています。

ただ内容は比較的基礎的なものなので
ある程度のビジネス書を読み込んでいる人には
ちょっと物足りない内容です。

会社が何をやっているのか良く分からない高校生、
就職活動前の大学生、または会社を知らずに就職してしまった
新入社員などには非常に有用なテキストだと思います。

女子高生ちえの社長日記〈PART‐2〉M&Aがやって来た!?
という続編もありますので、応用編を読みたい方はこちらを。





ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。