流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >制作費0億円。犯行予告収集サイト「予告.in」公開トレンドラインTOP > 流行サイト >制作費0億円。犯行予告収集サイト「予告.in」公開
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンチャー企業・ロケットスタートの矢野さとるさん(26)は、
ネット上の犯行予告を集約するサイト「予告.in」を公開。

フォームから犯行予告情報を投稿してリアルタイムで共有でき、
2chやブログ、はてなブックマークから犯罪予告関連の書き込みを自動収集。
犯罪防止に役立ててもらうのが狙い。


予告.inのリンクはこちら




http://yokoku.in/

増田寛也総務相が来年度予算の概算要求に、
ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む方針で、
費用は数億円かかるとの報道を知って
一人で2時間で完成させたとか。



犯罪予告検知のソフト開発へ=来年度予算で要求-通り魔事件受け増田総務相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000109-jij-pol


国が作ろうとしたものがどのようなものかは分かりませんが、
それにしても数億ってのは高いですね。
それでもすべての掲示板をカバーするなんて出来るのでしょうか。
すぐに抜け道を作る奴も現れそうだし。


「予告.in」の良いところは金がかかってないのもありますが、
人の目が入っているところでしょうか。
2chなどの掲示板には意外に正義感にあふれて
通報をする人が多数いたりします。
なのでこの「予告.in」のシステムでメジャーな掲示板での
犯行予告はカバー可能になるでしょう。

でもあくまでも「予告.in」は半分ネタのレベルに過ぎません。
そもそも今回の加藤容疑者の携帯サイトへの書き込みは
この「予告.in」では恐らく拾われないかと思われます。

ただ国が数億円かけてもロクなものが出来ないとしたら
数万円で出来た「予告.in」はやっぱりすばらしいと思います。


でも犯行予告することですぐに事前に捕まるようになったら
だれも犯行予告しなくなる気がするのは私だけでしょうか。
それは良いことなのか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。