流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >頭部踏みつけで失格! バダ・ハリVSボンヤスキー K-1決勝戦トレンドラインTOP > 流行TV >頭部踏みつけで失格! バダ・ハリVSボンヤスキー K-1決勝戦
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日開催されたK-1ワールドグランプリ2008。

今大会は素晴しいファイトが続いて、
近年稀に見る良い大会でした。

そして迎えたバダ・ハリVS レミー・ボンヤスキーのグランプリ決勝戦。
大会を締めくくる素晴らしいファイトを期待したのですが、
非常に残念な結末を迎えます。

それではバダ・ハリvs レミー・ボンヤスキー の
K-1ワールドグランプリ2008決勝戦の動画はこちらです
2008K-1 WGP FINAL バダ・ハリvsレミー・ボンヤスキー


1ラウンドでレミーのカウンターをもらってダウンを奪われたバダ・ハリ。
それほど強いパンチには見えませんが、きれいに顎に入ってますね。
やっぱりバダ・ハリはちょっと打たれ弱いですね。

バダ・ハリはその後も臆することなくアグレッシブに攻め続けます。
しかしさすが元王者のボンヤスキー。鉄壁の防御を見せます。

そして事件が起きたのは第2ラウンドが1分ほど過ぎたところ。
ガードの上からも打ち続けるハリの攻撃のプレッシャーに押されて
ボンヤスキーがローを蹴りながら後ろに下がり、
二人がもつれるように倒れこみます。

倒れた2人の間に角田レフリーが入ったのですが、
その制止を振り切り倒れているレミーに対して
ハリは左右のパンチを出し、最後には頭部を踏みつけております。

その後タイムが止められ、レミーが回復するまでインターバルが取られます。
そして角田レフリーよりバダ・ハリにイエローカード、減点1が出されます。

しかしその後もレミー・ボンヤスキーは物が2重に見える症状
(ダブルビジョン)を訴え、
最終的にバダ・ハリはレッドカードで失格になりました。

非常に残念な結果ですが、失格は当然のことです。
そもそもレミーが回復しようがしまいが、
立ち技格闘技で倒れた選手に踏みつけするなんて言語道断。
イエローなんか出さずに、即刻失格にすべきだったと思います。
そりゃ番組的に続けたいのは十分分かりますが。


バダ・ハリをあまり叩かずに試合続行を期待しフォローし続けた解説陣に対し、
その空気を完全に無視して魔裟斗が
「(バダ・ハリの)精神的弱さが出た」
「ファイターがみんなそうだと思われちゃう」
「こういうことをやったらいけない。これはもう失格ですよ」
と厳格なコメントを言い続けてカッコよかった。

一部バダ・ハリを擁護したり、
レミーが大してダメージがないのに演技したというような
意見も出ているようですが、最後に魔裟斗が言ったことがすべてです。

「これは喧嘩じゃないし、スポーツの場なんで
 そういうことをやったバダ・ハリが悪いと思います。
 これは正しい判断だと思います」

どうもフジテレビがバダ・ハリを押しすぎですよね。
確かにカリスマ性はあるしアグレッシブな良いファイターですが、
打たれ弱すぎるし、ガードの技術にも問題がいある。
K-1は全体的にバダ・ハリの判定が甘い感じは受けます。
実際1ラウンドのダウンの時のカウントの遅さは異常w
魔裟斗も「ワンじゃないだろ!」と苛立ってます。

とにかく後味の悪い決勝戦でした。
なんか最近のK-1ってなんか見ていてスカっとしない。
DREAMも同じですけど。

バダ・ハリにはある程度の処分は仕方ないでしょうね。
ただバダ・ハリいないとさらにK-1盛り下がるでしょうけど。
面白いK‐1に復活して欲しいものです。
コメント
この記事へのコメント
バダ・ハリもアホですが
レミー・ボンヤスキーはファイターとして失格!!

あのダメージは反則前の攻撃によるもので
目の肥えた人なら やられた事への抗議と怒りを
あのような姑息なやりかたで表現したのは一目瞭然です

試合後の涙が白々しくて ものすごく腹がたった

同じプロ格闘家を目指していた者としては
血と汗の ー結晶ー があれなら やめちまえ と言いたい

なにより まだ出来るのにあのような形で終わらせ
ファンの期待を裏切ったのが なによりも許せない


バダ・ハリが悪いのは当たり前ですが
それまでのファイトが面白かったのは事実で
ボンヤスキーのファイトスタイルは客を呼べません

レフェリーの角田もあの状態では
ああするしかなかったのでしょうが
この先 バダ・ハリを敬遠して???
ボンヤスキーをよし としてK-1を運営していくなら
道を間違うでしょう

ファンの皆さんは よ~~~く 先を見守りましょう
2008/12/08(月) 14:50 | URL | ファン #h9EoyIEg[ 編集]
ファンさん
まあ確かにボンヤスキーでは客は呼べないのは確かでしょうね。でもだからってキレて踏みつけちゃだめでしょ。あれじゃあ昔のボブ・サップと同じじゃないですか。バダ・ハリはあのまま試合を続けても勝つ可能性は十分あったと思います。もう一度精神的な強さも身につけて、正々堂々とディフェンシブなボンヤスキーをねじ伏せる本当の強さを見せてほしいです。
2008/12/08(月) 22:15 | URL | catu #-[ 編集]
(精神的な強さも身につけて)
 まったくそのとうり
一言もございませんm(_ _)m


わたしはレミーが嫌いな訳ではなくバダハリの行為もふくめて
今後のk-1を憂いての意見です

ご丁寧なご意見ありがとうございます^^

2008/12/10(水) 01:01 | URL | ファン #h9EoyIEg[ 編集]
ファンさん
こちらこそ、コメントありがとうございます。
KOが減って、面白くない試合が増えた現在のK-1の中でバダ・ハリの存在は非常に貴重です。格闘技はスポーツでもありますが、エンタテイメントであることも忘れてはいけませんからね。面白いK-1の復活をともに願いましょう!
2008/12/11(木) 08:40 | URL | catu #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。