流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >『東大英単』がビジネス街で大ヒットトレンドラインTOP > 流行本 >『東大英単』がビジネス街で大ヒット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『東大英単』


東京大学教養学部英語部会編著の
『東大英単』(東京大学出版会)が売れているそうです。

東大英単は280語の英単語を学ぶことで語彙を強化、
総合的な英語力を豊かにすることを目的としています。
東大英単はもともとは東大の授業の副読本として
開発された単語集だそうです。

東大の計6人の教授と准教授が議論して編集した
充実した例文と解説に加えて、
類語の使い方、文化的背景などを
さらに詳しく理解するためのコラムも
東京英単には掲載されています。

もともとは東大の授業の副読本なので
基本的には英語のレポート、プレゼン、論文作成に
役立つ英単語集です。
なので受験生が東大英単を暗記用の英単語集として
買ってもすぐに役に立つタイプではないようです。

東大というネームバリューと
東京大学が発信する 〈たった280語〉で
単語力が強化出来るという気楽さがヒットの理由でしょうか。

すでに3刷りで3万部近く出ているとか。
東大生のノートの本も話題になりましたが、
日本人は”東大”と名のついた商品には弱いようです。
今でも東大関連本は非常に売れています。

東大合格生のノートはかならず美しい


東大家庭教師が教える 頭が良くなる記憶法


東大生が選んだ勉強法

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。