流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >歌手の忌野清志郎さん死去  忌野清志郎さん・RCサクセション動画集トレンドラインTOP > 流行人 >歌手の忌野清志郎さん死去  忌野清志郎さん・RCサクセション動画集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、
がん性リンパ管症のため亡くなりました。

忌野清志郎さんはロックバンド、RCサクセションのボーカルとして
「雨上がりの夜空に」などのヒット曲を生みだしました。

過激なパフォーマンスや言動が話題を呼ぶこともあり、
63年にはアルバム「COVERS」の原発問題を扱う歌詞が
物議をかもし発売中止になったこともあります。

自転車愛好家としても知られていて、
自転車雑誌にも記事を寄せたりしておりました。
平成17年9月には約160万円をかけたという
愛車「オレンジ号」が盗まれて(後に発見)大きな話題になりました。


サイクリング・ブルース


忌野清志郎 - サイクリング・ブルース



バンドマン、忌野清志郎さんが自転車を始めたきっかけは
雪崩にあった息子を7キロ歩き助けた人のニュースに感銘を受け、
子供を助けることのできる体力を作るためと
自転車に乗り始めたそうです。
忌野清志郎さんにはそんな子煩悩な一面もありました。


パパの歌 忌野清志郎




見た目は奇抜な化粧やファッションをしていた忌野清志郎さんですが、
どこか時々恥ずかしそうな、照れくさそうな、やさしい表情を見せる時があります。

忌野清志郎さんは「ぼくの好きな先生」のモデルになった
高校の美術教師の小林晴雄さん(77)と卒業後も
ずっと親交を続けておりました。
変わりものだった高校生の彼を受け入れてくれた
小林先生のことが大好きだったのです。
72年に「ぼくの好きな先生」を発売した時には、
レコードを持ってきて「こんなこと歌にして迷惑じゃなかったですか」と
忌野清志郎さんは恐縮していたそうです。
小林先生も「優しい子でしたね」と自慢の教え子の死を惜しんでいました。


ぼくの好きな先生



ちょっと意外な感じがしますが、俳優の三浦友和さんと
親友で家族ぐるみの交流があったそうです。
三浦友和さんはショックが大きく、報道陣の取材には応じませんでしたが
所属事務所を通じて
「彼は高校の同級生でありながら、尊敬し、またあこがれのミュージシャンでもありました。
その思いは今でも変わりません。残念です。冥福(めいふく)を祈るばかりです」
とコメントしております。

今回初めて知りましたが、三浦友和さんは結成初期のRCサクセションの
アルバムにポンゴ担当で参加したり、
歌詞が過激すぎることが原因で発売禁止となったアルバム『COVERS』に参加し、
「サマータイム・ブルース」の中でセリフを行ったり、
「MONEY」では3番のヴォーカル&バックコーラスを唄ったりしていたそうです。
三浦友和さんってまじめでつまらないタイプの人かと思っていましたが、
なかなか面白そうな人ですね。


特別に忌野清志郎さんやRCサクセションが好きだったわけではありませんが、
振り返ってみるといろいろとRCサクセションの曲を
時代時代の中で聞いていたことが分かります。

現在30半ばの私が印象に残っているRCサクセション、
忌野清志郎さんの動画を集めてみました。

忌野清志郎さんの曲の動画はこちらです。
忌野清志郎 & 坂本龍一 い・け・な・い ルージュマジック


忌野清志郎さんというと一番最初の印象は
い・け・な・い ルージュマジックですかね。
男同士のキスは当時すごい強烈だった気がする。
初めてPVの全体みましたけど、風刺っぽいところもありますが、
基本的には悪ふざけしまくった楽しいPVですね。
棺桶のシーンはちょっと涙。。


雨上がりの夜空に


確か最初にこの曲を聴いたのは高校生ぐらいの時ですね。
しかもユニコーンがカバーして歌っていたやつ気がするw
歌っていたのはアベbだったかな。
その時に元歌を探して聞いた気がします。


忌野清志郎/サン・トワ・マミー


「やっぱり猫が好き」というフジテレビの深夜ドラマのエンディング曲。
脚本が三谷幸喜、キャストは小林聡美、もたいまさこ、室井滋と
今考えると超贅沢な深夜ドラマ。


デイドリーム ビリーバー/ザ・タイマーズ (PV)


何度かCMソングとして使われていたと思います。
なんかせつなくて、あったかい曲です。


うーん、こやってみるといろいろと忌野清志郎さんの
曲を耳にしながら生きてきたんだなと思います。
デイドリーム ビリーバー聴きながらちょっとぐっと来ました。
本当に忌野清志郎さんやRCサクセションが
好きだった人に比べれば小さいものかもしれませんが、
やっぱり同じ時代を生きた素敵な人を
早く亡くすことは本当に悲しいことです。


歌を歌うことを愛する人を喉頭がんにする神様の非情さに
恨み事を言いたくもなりますが、忌野清志郎さんは天国から
「ベイベー!」「愛し合ってるかーい!」と今も叫んでいることでしょう。

心からご冥福をお祈りいたします。

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD] ~ 忌野清志郎


ブルーノートブルース忌野清志郎 LIVE at Blue Note TOKYO [DVD] ~ 忌野清志郎



ゴールデン☆ベスト RCサクセション



カバーズ ~RCサクセション


入門編


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。