流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >「世界の孫」のSABEが亡くなるトレンドラインTOP > おすすめコミック >「世界の孫」のSABEが亡くなる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世界の孫」やのSABE(さべ)の逝去が、
ワニマガジン社の公式サイトにて発表されました。享年41歳。
1月28日に亡くなっていたそうですが、
遺族の希望もあり公表は控えていたとのことです。







ちなみにワニマガジンのサイトの
ワニマガジンニュースにおける
SABEの逝去のニュースは以下の通り


6月5日 SABE先生について
2009年1月28日SABE先生がお亡くなりになりました。享年41歳。
ご遺族のご希望もあり発表は控えておりましたが、
このたび追悼版出版のご了承をいただきましたので
ここに発表いたします。
SABE先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


出版業界でもSABE氏が亡くなったという噂が以前から流れており、
今回のワニマガジンの発表で残念ながらその噂が裏付けられてしまいました。

SABE氏はレディースコミックで活躍する漫画家の南Q太(みなみきゅうた)と結婚して
一児をなしましたが、後に離婚。
その南が5月、YOU(集英社)に掲載されたエッセイマンガの中で
「前夫の訃報が元義母より届く」と記述しており、
憶測を呼んでいました。

彼女と心中したとかいろいろな噂が流れておりますが、
正式にはなにも発表はありません。

SABE氏の作品は「世界の孫」しか読んでおりませんが、
かわいい絵とぶっ飛んだ内容は他に類を見ない
オリジナリティのある作品だったと思います。
最初は孫キャラを主とした漫画でしたが、
最後は完全にイカ漫画となってしまい
もうわけが分かりませんでしたw
あんなぶっ飛んだギャグ漫画を描ける才能が
世界から失われたことは残念であります。

SABE氏のご冥福をお祈りいたします。


SABE追悼作品集「さべちん」

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。