流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >皆既日食を見よう! 2009年7月22日の日食観測グッズトレンドラインTOP > 流行物 >皆既日食を見よう! 2009年7月22日の日食観測グッズ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年7月22日に日食が起こります。
日本においては全国で部分日食を見ることが出来ます。
日本国内においても奄美大島北部、屋久島、種子島南部などでは、
皆既日食を観察することもできるそうです。

これらの皆既日食が観測できる地域では
皆既日食をみるツアー客が押し掛けるため
大騒ぎのようですね。
日本で皆既日食が観測できるのは実に46年ぶりだそうで、
非常に珍しい天文ショーに世間は盛り上がっております。


分かっているようで分かっていない日食について説明します。
「日食」とは、月が太陽の前を横切るため、
月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象のことをいいます。

位置関係はこんな感じ


太陽            月  地球


太陽の方が大きいので太陽の中に
月の小さな影が出来そうな気もしますが、
月の方が圧倒的に地球に近いので太陽の光が
全て月によって隠されるのです。


太陽は地球から離れてはいますが、
強烈な熱と光を発しております。
日食の観測時には注意しないと
網膜を痛めてしまう可能性があります。

私が子供の頃はガラスをローソクの火であぶって
すすをつけたガラスで太陽を見たり、
フィルムの切れ端を重ねて太陽をみたりしていましたが、
どうもこれでは十分に太陽の光を遮断できないそうで、
今では危険な方法とされているようです。

日食観測のために今回はいろいろなグッズが販売されております。
いくつか日食観測グッズをご紹介します。

日食観測マニュアル 安全に太陽を見る「日食メガネ」付き (アスキームック 星ナビ別冊)


安全に太陽を見る「日食メガネ」がついた
日食を観測するための知識やノウハウ満載の一冊。

日食グラス SUN CATCHER-X


「日食グラス SUN CATCHER-X」は、安全性を最大限考慮し、
ビクセンが独自に開発した高品位遮光プレート”ソーラープロテック”を使用。
「日食グラス SUN CATCHER-X」は、その優れた安全性が認められ、
世界天文年2009日本委員会公認の太陽観察グラスに認定、
企画事業「日食プロジェクト」において全国の小・中学校・公共の科学館等の施設へ
配布される「日食観察用キット」として正式採用されているそうです。

また日食グラスには世界天文年2009日本委員会の協力により作成された、
たいへんわかりやすい「日食ガイドブック」が付いてきます。
しかも4個まとめて買うと、1つ分が無料になるそうなので、
ご近所のお友達と一緒にまとめて買うといいですね。


ちなみに日食が最大になる時間のタイミングですが、
地域によって時刻が異なります。
7月22日(水)は共通ですが、

札幌 11時10分18秒
仙台 11時12分52秒
東京 11時12分58秒
京都 11時5分52秒
福岡 10時56分5秒
那覇 10時54分7秒

と日本列島の南ほど早く、
北ほど遅くなっております。

太陽が欠け始めるのは日食が最大になる時間の
1時間ほど前です。


小学生のころに日食観測をしたのを思い出しますね。
その時は今では危険とされるすすガラスやフィルムの端で
太陽を見ておりましたがw、なかなか興奮したのを覚えています。


日食のときは直接太陽ばかり見ようとしてしまいますが、
辺りの影も見てほしいです。

周りの木々の葉の間を通ったそれぞれの光が
実は太陽の形になるのです!

欠けた太陽の形の木漏れ日は
なかなかみれない面白い光景です。

今年はイタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが初めて望遠鏡を夜空に向け、
宇宙への扉を開いた1609年から、400年の節目の年であり、
世界天文年と指定されております。
日食という宇宙規模の天文ショーを安全に十分に楽しみましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。