流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の朝日新聞の夕刊に
「便所飯」なる言葉が取り上げられておりました。

最近日本中の大学のトイレで次のような張り紙が見られるといいます。

「トイレ個室内での以下のような行為を禁止します。」と書かれ、
うさぎと様式トイレのイラストに
「喫煙」「らくがき」「食事」の写真があり、
大きくバツ印が付けられている。

「監視カメラ作動中」と書かれていて、
「違反者にはトイレ使用禁止などの処分を行います。」と続き、
最後には「○○大学」と書かれていて、
いかにも大学側が貼った注意書きのような風だそうな。

どうもこれはネットの掲示板でテンプレートのようなものがあり、
わざわざ各大学仕様にアレンジして
トイレに貼っている奴がいるようです。


「喫煙」「らくがき」が禁止なのは分かりますが、
「なんで食事?」と思う方もいるかもしれません。

そう考えた人がいたって普通ではあるのですが、
実はトイレで食事をとる学生がいるらしいのです。

このたわいもないイタズラは「便所飯」という
ここ何年かネットなどで聞かれる流行語に行きつきます。


「便所飯」とはどういう意味なのでしょうか?

「便所飯」とは、昼休みなどに一緒に食事する相手のいない学生が、
一人でいる姿をまわりに見られないよう、
トイレの個室にこもって食事をとることです。

この「便所飯」という行為は以前から都市伝説だという説もありますが、
実際に実行しているという書き込みもネット上に見られて
その存在の有無はネット上で論争が繰り広げられた過去があります。

実は昔はwikipediaにも「便所飯」という項目があって、
なかなかユニークな解説がなされておりました。

便所飯の作法、技術、姿勢など
事細かに便所飯が語られておりましたが、
便所飯は存在しないという良く分からない理由で
項目ごと削除されてしまっております。

便所飯の類義語として屋上へ繋がる階段で食事をとる階段飯、
構内の雑木林などの暗がりで食事をする暗がり飯などもあると言われます。

階段飯に関しては福満 しげゆきの漫画「僕の小規模な失敗」 でも
登場しており実在するものと思われております。


一人で飯を食っているのを見られるのが恥ずかしいというのは
なんともつらい精神状態ですね。

別に便所飯をする人たちは一人で飯を食うこと自体はかまわないんでしょう。
誰も自分を知らない土地で一人で飯を食うのは問題ないはずです。

大学などの軽い知り合いがたくさんいる場所で
”飯を食う友達もいない変な人”と周りから思われることが
耐えられずに便所飯なる行為に走ってしまうのでしょうか。

実際に一人で飯を食っているところを見られると
「孤独で変な人」の烙印おされちゃうんですかね。。
だとしたらあまりにキツい世界ですね。
社会は異質なものを排除する傾向がありますが、
ほんとほっといてやれよって思います。
誰にも迷惑かけてないんだから。

一人でいたっていいじゃんか。
孤独だっていいじゃんか。
世の中には人づきあいが苦手な人もいるんだからね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。