流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >裁判長!ここは懲役4年でどうすか  裁判傍聴にあるリアル|おすすめコミックレビュー トレンドラインTOP > おすすめコミック >裁判長!ここは懲役4年でどうすか  裁判傍聴にあるリアル|おすすめコミックレビュー 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裁判長!ここは懲役4年でどうすか (BUNCH COMICS)




ストーリー
ふとした興味から、裁判所の傍聴席に初めて座った
業務用エアコンの営業マンの北尾太郎。
殺人・強姦・詐欺・離婚にDV…。
一般人として傍聴する北尾に、赤の他人の赤裸々な人生が垣間見える──。
時には被告に同情し、また時には検事の論理に頷く北尾は
次第に法廷の傍聴に魅せられて行く。
そこには紛う事無い、リアルが有った。

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」は
北尾トロさんによる
『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 100の空論より一度のナマ傍聴』の
松橋犬輔さんによるコミカライズ作品。

そこに書かれている裁判の内容は基本的に実話。
まさに事実は小説より奇なりという感じの
面白い事件が満載です。

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』のコミックは
絵も上手ですし、話も基本一話完結ですので
非常に読みやすいし面白い。

裁判制度の仕組みも自然に理解できますし、
裁判長や検察、弁護士の普段お固いイメージしか
ない人たちも同じ人間なんだなと実感できます。

裁判傍聴は法廷で繰り広げられる小説よりも
ワイドショーよりもリアルでスリリングな
笑いあり、涙ありの人生ドラマです。
しかも傍聴は無料。ハマるのも分からないでもないです。

私も過去に何度か裁判傍聴を見たことがありますが、
原告、被告はもちろん、被告の親が涙ながらに
息子の情状酌量を願ったりする姿を
傍聴人として他人の自分が見ていると
「ほんとにオレはここで興味本位で見てていいのかな?」と
ちょっと複雑な心境になります。

でも裁判が一般に公開されるのは
被告人の利益のため、公正な審理が行なわれる旨を担保するためです。
そのため誰でも傍聴が許されるのです。

確かに「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の北尾トロさんや
霞っ子クラブみたいな人たちは
裁判をエンタテイメントとして利用している印象を受けなくもないですが、
それでも裁判の公開は憲法で保障されておりますし、
それ自体は悪いことでもありませんし、
ニュースに流れるようなメジャーな裁判以外の
小さな犯罪の姿をプライバシーを保護したうえで
世間に見せることはそれなりに意味のあることだと思います。
世の中には小さな犯罪によって苦しんでいる人たちが
山のようにいるわけですし、彼らをケアする流れを作るためにも
必要なことなのかなとも思います。

ただ裁判ではすべての事実が明らかになるわけではなく、
証拠からいろいろと推測しなければならないことも多く、
いろいろと主観が入ってしまうので、そこは伝え方が
難しいかなと思います。とくに霞っ子クラブはいろいろと
反対派も多いみたいですね。


今回ご紹介したコミックスとその原作
『裁判長!ここは懲役4年でどうすか 100の空論より一度のナマ傍聴』
意外にも北尾トロさんは

『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』
『裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか 裁判員制度想定問題集』
なども文藝春秋から出されております。

裁判員制度でがぜん注目度が高い日本の裁判制度。
難しそうというイメージを崩すには最適な一冊だと思います。

向井理初主演!日テレ系「傍聴マニア09」 「裁判長!ここは懲役4年で、どうすか?」のドラマ化
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。