流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >宝島社のイヴ・サンローランの鞄付きムックが書店に山積みトレンドラインTOP > 流行本 >宝島社のイヴ・サンローランの鞄付きムックが書店に山積み
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イヴ・サンローラン
唯一無二の革新的コスメティック (e-MOOK)


宝島社から出ているファッションブランドの付録が付いた
ファッションムックの最新作、
イヴ・サンローランの黒い箱が現在全国書店で山積みになっております。

今回の宝島のファッションムックは
本の部分はイヴ・サンローランのコスメティックを特集し、
付録は、イヴ・サンローランのロゴ刺繍入りの
トートバッグ(サイズ:H33×W44.5×D12cm[最大幅])。
本屋によっては付録の実物をムックの近くに置いている店もあります。


これまでも宝島社から出ているファッションブランドの
付録付きムックは沢山出ておりましたが、
今回のイヴ・サンローランはこれまでにない数が置かれていますね。
噂によれば初版部数が100万部だとか。
店の在庫を見る限りちょっと今回は余り気味な感じもしますが…。

店頭の見本を見る限りは鞄は想像以上にしっかりしたものです。
ああいう付録って材質とか悪いのかと思ってましたが、
普通に普段でも使える代物のようでした。

でもこれまでの付録付きムックのブランドに比べると
イヴ・サンローランはやや対象年齢が高い気がします。
今の若い人から見たらイヴ・サンローランはちょっと
オバサンっぽいのかもしれません。

これだけ良い付録がついて1300円って利益出てるのでしょうか?
イマイチこの付録付きの雑誌の利益構造が分かりませんね。
恐らく中国とかで大量生産することで
製造コストを抑えているのは確かだと思いますが。

都内の書店ではかなり余っているようですが、
地方とかの方が売れたりするのでしょうか。
これまでも結局後々入手困難になるものも
多かったみたいなので興味がある方は
早めに買いましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。