流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >どうぶつしょうぎ 子供も大人も夢中な可愛い簡易将棋トレンドラインTOP > 流行おもちゃ >どうぶつしょうぎ 子供も大人も夢中な可愛い簡易将棋
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうぶつしょうぎ


どうぶつしょうぎという子供向けの簡易将棋が
非常に売れているそうです。

どうぶつしょうぎは、3×4の計12マスの盤面で行う
駒の動きを簡略化した簡易版の将棋です。

元々は将棋の子どもへの普及のため、
女流棋士の北尾まどかさんがルールを考案、
女流棋士の藤田麻衣子さんがデザインを担当して
生み出されたおもちゃだそうです。
2008年に日本女子プロ将棋協会(LPSA)より
商品として発表・発売ました。

その可愛らしいイラストから
子供向けのおもちゃと思われがちですが、
実は奥が深く、気を抜いていると大人でも
子供に負けてしまいます。


駒は「ライオン」「ぞう」「きりん」「ひよこ」の4種類があり
「ひよこ」が成ると「にわとり」になります。
ルールは基本的には将棋に似ており、
どうぶつしょうぎをマスターしたら
簡単に将棋へ移行することが出来そうです。

現在どうぶつしょうぎは日本各地で大会が開かれたりして
ひそかにブームが巻き起こっております。
将棋は駒の種類が多くて難しそうですが、
どうぶつしょうぎなら駒の種類も少ないし
マスも狭いから簡単そうですね。



これからのクリスマスのプレゼントや
年末年始に家族で遊ぶのにちょうどよい
おもちゃかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。