流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >鬼頭莫宏の新作自転車マンガ「のりりん」、イブニングで連載開始トレンドラインTOP > おすすめコミック >鬼頭莫宏の新作自転車マンガ「のりりん」、イブニングで連載開始
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月22日発売のイブニング(講談社)で、
「ぼくらの」「なるたる」の鬼頭莫宏(きとう もひろ)による
新連載「のりりん」がスタートしました。
今回イブニングの表紙と巻頭カラーを飾っています。

のりりん






「のりりん」は、自転車を乗ることを頑なに拒む青年・丸子一典(まるこかずのり)が、
ロードレーサー少女・輪を危うく車で轢きそうになってしまったところから始まる。

警察沙汰を避けたい彼に、ロードレーサー少女・輪(りん)が出した条件とは……?


鬼頭莫宏と言えばやたら線の細いキャラクターと
鬱展開が有名ですが、のりりんに関しては
第一話に関しては普通の自転車マンガっぽい展開です。
主人公の丸子がかなり偏屈っぽいですが。

まあ鬼頭莫宏はほのぼの展開と見せかけて
やっぱり鬱展開パターンもあるのでしばらくは油断せずに
見守った方が良いでしょうね。

鬼頭莫宏さんは何ヶ月か前にイッキで連載していた
「ぼくらの」が終了したところです。

今回の「のりりん」以外にも『マンガ・エロティクス・エフ』(太田出版)で
「終わりと始まりのマイルス」を,『good!アフタヌーン』(講談社)で
「なにかもちがってますか」を連載中です。
何気に結構働いていますね。



今回の「のりりん」では主人公が自転車乗りを毛嫌いしていて
自転車に乗ることを強く拒絶しているのですが、
鬼頭莫宏さん自身は自転車を趣味としているようです。
鬼頭莫宏さんのHPを見ると自転車のロードレースに
参加したりする本格的な自転車乗りです。
ちょっとイメージと違って意外ですね。

第一話で主人公の丸子が自転車乗りが嫌いな理由を
エラく沢山述べるシーンがあるのですが、
自身が自転車乗りだからこそあれだけ客観的にかけるのですね。

それにしても最近自転車マンガが増加してますね。
鬼頭莫宏さんも「Odds」と「弱虫ペダル」を読んでいて
おすすめなんてHPで書いています。

「のりりん」はまだどういうマンガに転ぶか分かりません。
できればあんまり人が死なないマンガだといいなw
とりあえずロードレーサー少女の輪はカワイイ。
どこの方言だかよくわかりませんが、
輪は方言をしゃべってます。
マンガのタイトルでもある「のりりん」というセリフが
見開き2ページで出てくるのですが、
自転車を持ってきて主人公の丸子に対して「のりりん」と言っているので、
おそらく「ほら、乗ってみな」と言うような意味だと思われます。

一話目の最後もちょっと気になる終わり方だったので、
もうしばらく追っかけてみようかと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。