流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >ワールドエンブリオトレンドラインTOP > おすすめコミック >ワールドエンブリオ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドエンブリオ


ワールドエンブリオは森山大輔による
ヤングキングアワーズに連載中のSF学園漫画。


ワールドエンブリオ あらすじ・ストーリー
2年前に失踪した叔母・天音(あまね)から「ワタシヲミツケテ」という
メールを受け取った天海陸(あまみ りく)は、
添付された写真の撮影場所と思しき廃病院「風間病院」へと駆け込む。
しかしヤンキーの溜まり場に踏み込んでしまったことで、
いきなりピンチを迎える。そんな時、幼い頃の顔馴染みである武部洋平(たけべ ようへい)と、
ちょっと変わった美少女・有栖川レナ(ありすがわ れな)が窮地を救い難を逃れたと思われたが、
携帯電話の着信に出たヤンキーたちが突如化け物に変貌する。
驚愕する陸だったが、助けてくれた2人はその化け物を
棺守(カンシュ)と呼び、刃旗(ジンキ)という武器で殲滅していく。
棺守から逃げようとする陸であったが追い詰められ、殺されると思ったその時、
謎の繭から発せられた光が棺守の体を滅ぼしていった・・・。


1巻しか読んでいないのですが、
絵はうまいのですが話の展開がちょっとわかりにくい
印象を受けました。説明不足というか。

ただアマゾンのレビューや感想などを見ると
2巻ぐらいまでが世界を説明するために費やさえていて
3巻ぐらいから物語が回り始めて面白くなるようです。

続きを読むかどうかはちょっと分かりません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。