流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >「岳 みんなの山」2011年に実写映画化決定トレンドラインTOP > おすすめコミック >「岳 みんなの山」2011年に実写映画化決定
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石塚真一の「岳 みんなの山」の実写映画化が決定しました!
「岳 みんなの山」の実写映画の公開は2011年を予定しております。
現在キャストなど詳細は発表されていません。





「岳 みんなの山」は小学館の成年コミック誌「ビッグコミックオリジナル」に
連載中の石塚真一の作品です。
山岳救助ボランティアの三歩を主人公にした
山を舞台にした物語です。


「ビッグコミックオリジナル」のHPに掲載の
「岳 みんなの山」のストーリーは以下の通り

美しさと危険が共存する世界──山。
世界中の巨峰を登り歩き、
山の素晴らしさと山の厳しさを知る男・島崎三歩。
三歩が山岳救助ボランティアを務める日本アルプスには、
山の魅力にとりつかれた人間たちが今日も訪れる。
三歩と山に登る人々はどう繋がっていくのか!?



「岳 みんなの山」を未読の方は
山の素晴らしさを伝える山男の物語のようなものを
想像するかもしれません。

まあ私もそうだったのですが、
実際読んでみるとむしろ山の怖さが中心に描かれていて
「山ってこんなヤバイのか。」って驚きました。

そう、「岳 みんなの山」は山岳救助ボランティアの
三歩が主人公の物語だけあって、人は遭難します。

そしてかなり人が死んでいます。
凍死、転落死など、死に方は様々ですが、
たった一歩踏み間違えたり、天候を読みそこねただけで、
一緒に登った仲間が目の前で雪崩に埋まって死んでしまったり、
手足がとんでもない方向に向いて頭がかち割れて死んでしまいます。

そんな遭難者を(死体を含めて)三歩は「よくがんばった」と褒めます。
そして生き残った遭難者には「また山においでよ」と言います。


主人公の三歩はとてもピュアな人です。
優しく、明るく、頼もしく、朗らかで、
いつも前向きな姿勢は、遭難者を優しく慰めます。
読んでいて前向きな気持ちになる漫画ではあります。

う~ん、人はなんでそこまでして山に登るのでしょう?
人は命をかけてまで登るなんて、何に魅せられるのでしょう?

正直私はその部分の根本は理解出きません。
確かに登頂した時の景色の素晴らしさ、達成感は筆舌に尽くし難いですが、
だからといって命を掛けるほどなのか。

登山の遭難者は捜索隊に迷惑も掛けますし、
家族な身内にも心配を掛けます。
なので遭難者に対しては一部激しくバッシングがされる時があります。
人に迷惑をかけて、自分の快楽を追い求めてるだけではないかと。

先日元F1ドライバーの片山右京さんのパーティーが遭難し、
片山右京さんと一緒に登った片山企画の社員二人がお亡くなりになりました。

登山後に右京が二人を残して下山したことに関しては非はありません。
ただでも打ちひしがれている右京をこれ以上叩くなんて可哀そうで出きない。

でもやっぱりそこまでして山に登る理由は私には分かりません。
それは私があまり山に登った経験がないからなのでしょうか。

「岳 みんなの山」は頭の数巻しか読んでませんが、
全部読んだら山に登る気持ちが分かるのでしょうかね。


それにしても「岳 みんなの山」の映画化のロケは大変そうです。
それこそ遭難者が出てしまわないか心配です。
迫力ある映像を撮るには天候の悪い日も選ばざるをえないでしょうし。
CGでなんとかなるのでしょうか。
あとエグイ死体とかどうやって描くのでしょうか。

あとこの映画が成功するかどうかは三歩を誰がやるかですね。
ある程度お客を呼ぶには有名人を使う必要があるでしょうが…。

ありがちな三歩のキャストとしては

香取慎吾
佐藤隆太
坂口憲二
伊藤英明

ていうか絶対この中から選ばれるだろw
でもなんか全員違う気がします。
特に香取慎吾は勘弁してください。

とにかく「岳 みんなの山」がどんな映画になるか楽しみです。
読んだ事ない人にはかなり衝撃的な内容だと思うので
ぜひ原作コミックスも手にとってみて下さい。
個人的にもおすすめコミックです。

映画「岳」キャスト発表 三歩に小栗旬、ヒロインに長澤まさみ

岳 みんなの山 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%B3_%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%B1%B1
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。