流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >ウユニ塩湖が絶景過ぎるトレンドラインTOP > 流行動画 >ウユニ塩湖が絶景過ぎる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この前NHKでやっていたワンダー×ワンダーで
中山エミリがウユニ塩湖というボリビアにある
巨大な塩湖を訪れた番組がやっていました。
タイトルは「奇跡の絶景!アンデス天空の鏡」。


番組内でのウユニ塩原の映像があまりに絶景ですごすぎたので
youtubeでウユニ塩湖の動画を探してみました。


ウユニ塩湖


ウユニ塩原(塩湖)の星空



アンデス山脈に囲まれた広大な塩の大地、ウユニ塩原は
ボリビア最大の都市ラパスから南へ500キロのところにあります。

ウユニ塩原の広さはなんと四国の半分の大きさ。
そんな巨大な塩で一面を覆われた大地があるのです。
映像を見てもらえば分かりますが、もう地平線まで
すべて塩、塩、塩。一面真っ白の塩です。
ウユニ塩湖と言っても水のある湖ではなく、
干上がった塩の大地。
標高約3700mにある、面積約12000km²の広大な塩の固まりです。

そして非常に乾いたウユニ塩原ですが、
雨期には雨が降り、一面に水たまりが出きます。
その水たまりが天然の鏡となり、青空を映し出し、
まるで天空にでもいるような幻想的な風景を築きあげるのです。
中山エミリも自分が撮った写真を見ると
どちらが空でどちらが地面だかわからなくなると言っていました。



天空の鏡が映し出すのは、青空だけではありません。
新月の夜には満天の星空が足元の水面の鏡にも映し出され、
まるで宇宙を漂っているかのような幻想的な光景が広がります。

ウユニ塩原の星空は本当にこの世のものとは思えませんね。
ぜひ死ぬまでに一度は見てみたい絶景です。

でも南米ボリビアに行くのも大変そうですが、
さらにウユニ塩原は行くのが大変そうです。

ネット上をググッてみると意外にも
多くの日本人がウユニ塩原を訪れております。

いくつかのウユニ塩湖への行き方があるようですが、
かなり長い長い道のりのようです。

まずボリビアがそもそも遠い。
まず成田からボリビアの首都ラパスに向かいます。
直行便は内容なので北米などを経由しラパスへ。
そこまでで丸一日以上かかります。

次にボリビアの首都ラパスからウユニに向かいます。
飛行機、バス、電車と飛行機の乗り継ぎなどいくつか方法がありますが、
飛行機は定期便ではないらしく、それ以外だとかかること十数時間。

さてようやくウユニに付きましたが、まだウユニ塩湖は遠いです。
ウユニからバスツアーで行くのがスタンダートなようです。
日帰りのバスツーアもありますし、宿泊するものもあります。
ウユニ塩湖内には塩でできた塩のホテルなんてのもあるみたいですね。
ウユニ塩湖の夕日や星空が見たいならぜひ一泊したいところです。

ただウユニ塩湖の天空の鏡のような状態は
いつでも見れるわけではありません。

雨が降った後にあの鏡のような状態になるわけで
普通は完全に水が干上がった状態の真っ白な塩の湖面を
4駆で移動することになります。
それだけでも幻想的な風景ではありますが、

しかも雨が降ればいいかといえばそうでもなく、
水が多すぎると車が移動出来なくなりツアーが中止になるケースも。
なのでウユニ塩原で鏡のような絶景を見れるのは非常にラッキーなのです。

ちなみにボリビアってのはあんまり治安が良くないです。
実際女性一人でウユニ塩原を訪れた個人旅行者も結構いるようなので、
行けば絶対犯罪にあうなんてことはありませんが、
おそらく日本の何百倍も危険地域ではあると思います。
スリや強盗は日常茶飯事、
ストがあったりデモとか暴動もあるみたいです。
軍隊と警察の銃撃戦なんかもあるとか。
ウユニ塩湖周辺でも観光客を騙そうとする輩が
ウヨウヨしているそうです。
現地のツアーもかなりいい加減なところが多いようです。

しかも英語があまり通じません。個人旅行でいくなら
スペイン語は必須のようです。

あとウユニ塩湖は高地にあるので
人によっては時間をかけて登らないと高山病になります。
まあこれは体質によっても大きく左右するみたいです。


ちなみにウユニ塩湖を訪れるベストシーズンですが、
雨期の鏡張りのような水面を見たいなら1月から3月が良いようです。
ただウユニ塩湖のベストシーズンは人によって言っていることが違うので、
雨期を狙うなら1~3月、カラカラの塩の大地を見たいならそれ以外ってことです。
確かに雨期の鏡の世界をみたいですが、水が多すぎてジープが入れなかったら
かなりブルーですもんね。難しいです。

あと現地のツアーですが、胡散臭いところも多く、
しかも時間にルーズ。夕日に間に合わないとか
いろいろと不愉快な思いをする方も多いようです。

うーん、難易度高いなw
でもウユニ塩湖を訪れた方々は
口を揃えて感動的な体験だったと
その絶景を描写しております。

とにかく会社勤めしながら短期間で行ける旅行ではないですね。
それこそ1ヶ月ぐらい余裕がないと無理そうです。
交通機関のストでずっと足止めとかもあるようです。

とにかく死ぬまでに行けたら良いなぁ。

太古の湖の天然海塩 ウユニ塩湖の天然塩 360g





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。