流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >新人マーケター乙女侍奮闘記 萌え系ライトノベル風マーケティング本トレンドラインTOP > 流行本 >新人マーケター乙女侍奮闘記 萌え系ライトノベル風マーケティング本
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新人マーケター乙女侍奮闘記


先日「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」という
萌え風のイラストが表紙のマーケティング本を紹介しましたが、
また2匹目のどじょうを狙って萌え系マーケティング本が出ております。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」は
ダイヤモンド社から出ておりましたが、
今回の本は東洋経済新報社から出ております。


過去記事参照
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


東洋経済新報社から出ている萌え系マーケティング本のタイトルは
「新人マーケター乙女侍奮闘記」。

「新人マーケター乙女侍奮闘記」の表紙は
まさにライトノベルのような様相です。
なぜかおでこに肉と書かれた犬を抱えた
アニメ風の女の子が描かれております。

あらすじは以下の通り

モテない28歳独身女性、早乙女待子(通称オトメザムライ)は大手菓子メーカー、
キング☆スイーツ社に勤務する食玩部門の営業事務。
最近、社内FA制度を活用し、念願のマーケティング部へ異動したが、
マーケティングの知識ゼロだった。
上司からのいきなりの課題に戸惑うオトメザムライ。そこに救世主、マーケ犬ポチが登場。
ポチの指導を受けながら、仕事も充実し始めたころ、オトメザムライはある男に一目ぼれする。
男の名前は村井セプテバ。大手商社勤務でモデル体型、つまり高嶺の花。
マーケティングの師匠、ポチに相談したところ、恋愛にもマーケティングは応用できると言われる。
ビジネスのみならず、恋愛にも、マーケティングは利くのか?
MBAサラリーマンが放つ「マーケティング小説」!
合コン二軍落ちの冴えないOLのシンデレラ・ストーリー。
恋も仕事もマーケティングで。


あまりにも登場人物のネーミングがどうかと思いますがw
でもちょっと面白そうですね。

装丁やストーリー展開はまさにライトノベル風ではありますが、
「新人マーケター乙女侍奮闘記」では以下のことが学べます。

企業活動において需要創造/需要拡大の際に活用されるマーケティング。
さまざまな定義はあるが、本書では「商品やサービスが売れる仕組みの構築」と定義とする。
日常のビジネスや恋愛で直面する場面でどのようにマーケティングのコンセプトやツールが
使えるかを解説していく。

そう、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」では、
野球チームの運営にドラッカーのマネジメントを活用しましたが、
「新人マーケター乙女侍奮闘記」ではビジネスや恋愛にマーケティングを活用するのです。

ちなみに「新人マーケター乙女侍奮闘記」で学べる基礎知識は次のようなものです。
マーケティングセグメント/チャネル/ポジショニング/商品コンセプト/4P/
プロダクト/プレイス/プライス/プロモーション/リサーチ/AIDMA理論/
ダイレクトマーケティング/プロダクトプレイスメント/
インフルエンサー/ブログやYouTubeの利用方法

マーケティングをかじったことのある人なら
大半を知っているでしょうが、物語風に語られるマーケティングは
また一味違って、自分の中にストンと落ちて理解が深まるところがあります。

書かれているギャグもハイレベルでテンポよく物語が進むので
全く勉強している意識なくマーケティングが理解出来ます。
一時期色々なジャンルで「マンガでわかる」というような
シリーズがだされましたが、大抵質の悪いつまらない内容が多かったですが、
最近の萌え系マーケティングライトノベルはなかなか質が高いです。
純粋に読み物としても面白いのがすごいですね。

作者のMBAホルダーでもある小関 尚紀さんは自称「都内でひっそり勤務するしがないサラリーマン」
とのことですが、この文才は只者じゃありませんね。

仕事に悩む人、恋愛に悩む人におすすめの萌え系マーケティングライトノベルです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。