流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >「SP 警視庁警備部警護課第四係」 人気ドラマを 金城一紀原作でスピリッツで漫画化トレンドラインTOP > おすすめコミック >「SP 警視庁警備部警護課第四係」 人気ドラマを 金城一紀原作でスピリッツで漫画化
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年11月から3ヵ月間に渡ってフジレテビで放送された『SP』。
V6の岡田准一、堤真一、真木ようこらの豪華キャストに加えて、
直木賞作家の金城一紀が書下ろしの脚本を担当した骨太のストーリーが人気を呼び
深夜にも関わらず、平均視聴率15.3%と深夜のドラマ枠では
歴代1位の記録を打ち出した大人気ドラマ。

SPは2010年秋には岡田准一、堤真一、真木ようこらの『SP』オリジナルメンバーを揃え
映画化されることが決定しております。


このSPですが、「SP 警視庁警備部警護課第四係」というタイトルで
2月1日より「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で漫画版の連載が始まっています。

スピリッツSP紹介ページ
http://spi-net.jp/rensai_sakuhin/sp/index.html

漫画版「SP 警視庁警備部警護課第四係」はドラマをそのままコミカライズ
している訳ではありません。

漫画が大好きという原作の金城一紀さんが漫画として読者が楽しめるように
ドラマでは描ききれなかったオリジナルストーリーを加えたり、
登場人物の過去を掘り下げたりするなど、
新たな漫画版SPとして再構築した作品とのことです。

作画は「戦国BASARA」の灰原薬(はいばら・やく)さんが担当。
SPのシリアスな雰囲気に非常に画が合っています。


漫画版のSPは主人公の井上薫が新人SPとして着任した日から物語が始まっています。
新人のはずなのに人間離れした能力を発揮し要人を警護する井上。
彼は一体何者なのか?非常に良い雰囲気のスタートです。

まだ連載が始まったばかりなので単行本が出るのは随分先でしょうが、
SPのコミック版はかなり期待が出来そうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。