流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >テルマエ・ロマエ 王様のブランチにテルマエロマエ作者ヤマザキマリさん登場トレンドラインTOP > おすすめコミック >テルマエ・ロマエ 王様のブランチにテルマエロマエ作者ヤマザキマリさん登場
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミックビーム(エンターブレイン)に不定期連載している
風呂限定タイムスリップ漫画「テルマエ・ロマエ」。




このテルマエロマエはこのブログでも何度か取り上げておりますが、
このテルマエロマエが2月20日放送のTBSの王様のブランチで
紹介されたそうです。

テルマエロマエ関連過去記事
テルマエロマエ
テルマエロマエ 風呂限定タイムスリップ漫画 マンガ大賞ノミネート


王様のブランチには作者のヤマザキマリさんも登場。
テルマエ・ロマエの紹介に加えて
いろいろなインタビューに答えていたそうです。

私は3時まで寝ていたので王様のブランチ自体は
完全に見損ねました。見たかったなー。
テルマエ・ロマエもブランチで紹介されるとは
随分メジャーになってきましたね。うれしいことです。


テルマエ・ロマエの作者のヤマザキマリさんの
HPにも王様のブランチのインタビューについて書いてあります。

ヤマザキマリ・Somos em Portugal
http://moretsu.exblog.jp/10001494/


ちなみにヤマザキマリさんのブログによれば
王様のブランチのインタビューは
台東区の「梅の湯」という銭湯で行われたようです。
ヴェスビオス火山ではなくて、富士山の描かれた
立派な銭湯のようですね。


私も含めてテルマエ好きならちょっと気になる
テルマエ・ロマエの今後についてインタビューで聞かれて
「それは秘密です」とヤマザキマリさんは答えたようですが、
ブログでは王様のブランチのインタビューで
答えられなかった部分をフォローされています。

ヤマザキマリさんのブログによればテルマエ・ロマエは
風呂を媒体にした「日本との比較文化に軸を置いた古代ローマ漫画」であり、
1巻は平たい顔族の作った日本の風呂にびっくり仰天する展開になっていますが、
今後は広範囲にもっといろいろと掘り下げた展開で知られざる日常の
古代ローマ世界を描いていくつもりのようです。

なるほどー。確かにタイトルは「テルマエ・ロマエ」と
公衆浴場という意味にはなっておりますが、
別に話を風呂に限定しなきゃならないってわけじゃないですよね。
テルマエロマエの主人公であるルシウスのクソ真面目さをもって
描く古代ローマの姿はなかなか面白そうであります。


それにしてもテルマエ・ロマエはかなり全国書店でも売れているようです。
この前BOOK EXPRESS ディラ品川店行ったらルシウスの絵の入った
POPが貼ってありましたが、テルマエ・ロマエは売り切れでした。
マンガ大賞にノミネートされたりした影響もあるんですかね。

それにしても面白いとは言え、こんなマニアックな雰囲気の
テルマエロマエが人気が出てくるなんて不思議な気がしますね。

でもテルマエロマエはかなり早い段階から書店の店頭で
必要以上にプッシュしているところが多かったので
さすが書店員の方は目利きが多いようです。

ヤマザキマリさんはイタリア人の旦那がいて
その実家でのモーレツな日常を描いた
「モーレツ!イタリア家族」も最近売れてきているようです。



私も「モーレツ!イタリア家族」は未読ですが、
アマゾンのレビュー見てるとかなり面白そう。
これも是非買って読んでみたいですね。

とりあえず何故かメジャー街道を登りつつある
テルマエロマエですが、未読の方は是非読んでみて下さい。
大真面目でくだらなくて超面白いですから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。