流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >西尾維新のアニメ「刀語」(かたながたり)が面白いトレンドラインTOP > 流行アニメ >西尾維新のアニメ「刀語」(かたながたり)が面白い
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在フジテレビで好評放送中の西尾維新のライトノベル原作の
大河アニメ「刀語」(カタナガタリ)が面白いです。



「刀語」は元々講談社BOXの企画「大河ノベル」の2007年作品として、
12か月連続で発売された西尾維新のライトノベルです。

刀語のストーリーは
刀を使わない剣術「虚刀流」(きょとうりゅう)の
七代目当主である鑢七花(やすり しちか)と
奇策士とがめ
伝説の刀鍜治、四季崎記紀がその人生を賭けて鍛えた十二本の“刀”を求めた
闘いの旅を描きます。

2010年1月からスタートした刀語のテレビアニメ『刀語』は、
大ヒットした『化物語』シリーズに続く“西尾維新アニメプロジェクト”の第2弾。
毎月1話・各話1時間ずつの放送で一年間にわたって全12巻を
完全映像化する“大河アニメ”です。

講談社BOXの竹の描くイラストをそのまま動かしたような
アニメの映像は最初は「うーん、あまり好きな絵じゃないな。」と
思いましたが、第一話を見た途端にハマりました。
さすが西尾維新の言葉遊びの妙技です。
そのうちその絵さえ好きになってしまいます。

鑢七花のまっすぐな言葉には時々ドキッとさせられ、
奇策士とがめの絵に書いたようなドジっ子、ツンデレキャラも
なかなか可愛らしいです。

刀を持つ敵たちもなかなか魅力的で
そのセリフはまさに西尾維新節で名言が沢山出てきます。

月1放送で1年放送というのはなかなか新しい放送形態ですが、
ついつい放送を見忘れてしまいそうです。
ただたっぷり1時間見れるのはなかなか嬉しいです。

現在3話まで放送されておりますが、
基本的に1話で1つの刀を求める一話完結型なので
まだまだこれからでも間に合うと思います。

私は化物語で西尾維新に触れた新参ですが、
刀語の今後が楽しみです。




刀語 - 西尾維新アニメプロジェクト
http://www.katanagatari.com/

刀語 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%80%E8%AA%9E

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。