流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >志村貴子の「放浪息子」がアニメ化トレンドラインTOP > アニメ化コミック >志村貴子の「放浪息子」がアニメ化
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
志村貴子「放浪息子」



志村貴子の「放浪息子」のアニメ化が決定しました!
3月12日発売の月刊コミックビーム(エンターブレイン)で
「放浪息子」のアニメ化が発表されました。

ただ今回はアニメ化の発表だけでスタッフやキャストなどの
詳細は公開されていません。

志村貴子の「放浪息子」は2002年12月号より月刊誌コミックビームで連載が開始。
現在も連載中で単行本は9巻まで刊行されています。
最新巻となる10巻は3月25日に発売されます。



女の子になりたい男の子・二鳥修一と
男の子になりたい女の子・高槻よしのが主人公。

志村貴子は「青い花」ではいわゆる百合の世界を描いていますが、
修一とよしのが自分の性別、友人関係に悩み葛藤する姿を描いています。
ちなみに「放浪息子」は1〜4巻は小学生編、5巻からは中学生編になっています。


性を描く作品はテーマ的に重くなってしまったり生々しくなってしまいがちですが、
志村貴子さんはなんとも自然に淡々と描くのがうまいなぁと思います。


志村貴子さんといえば「青い花」も名作です。



「青い花」は2009年7月から9月まで
フジテレビ『NOISE』にて全11話で放送されました。



もうこれは本当に神アニメでした。
こんな素晴らしい作品が超夜中の「NOISE」でやるなんて
正直信じられなかった。ほんと見たことない人は見た方が良いです。
制作はJ.C.STAFF。4月からの会長はメイド様や秋からのバクマン。も
J.C.STAFFが作成します。

志村貴子さんの淡いタッチをアニメ化するのは
なかなか高い技術がいると思いますが
放浪息子はどこのアニメスタジオが制作するのでしょうか。
青い花にハマった私としては期待せざるをえません。

青い花は1巻1000円とかなり高いですが、
放浪息子は1巻600円台とお手頃価格です。
志村貴子さんの作品はハズレはないので
気になる方は是非読んでみて下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。