流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >勝間和代ブログ ひろゆきが「2chはmixiやGREEよりもよっぽどIPの開示に応じている」と発言は嘘?トレンドラインTOP > 流行人 >勝間和代ブログ ひろゆきが「2chはmixiやGREEよりもよっぽどIPの開示に応じている」と発言は嘘?
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たまたまGWという時期のせいもあるのかもしれませんが、
結構盛り上がりをみせている勝間和代vsひろゆきの対談騒動。


勝間和代vsひろゆき対談動画はこちら
勝間和代と西村博之の対談 youtube動画あり 勝間和代のブログ炎上中

勝間和代vsひろゆきの対談における勝間和代さんの
非礼かつ非論理的な言動はすでにご存じの方も多いかと思いますが、
さらに勝間和代さん自身が次の火種を投入しております。

それは勝間和代さんのブログ、
「勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!」の
ある記事の内容に嘘が書かれているというものです。

その記事は「勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!」の
May 03, 2010のエントリー、
「2chはIPの開示に積極的であるというひろゆきさんの注目発言について」
という記事の内容です。

http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2010/05/2chip-8a3f.html

そもそもあの対談の非礼な態度を反省している風もなく

私の反省としては、限られた時間の中で
何とか与えられたテーマを消化しようとしすぎて、
西村さんに私の価値観を押し付けていると取られかねない表現が
たくさん見受けられたところです。大変失礼しました。


なんて書いており、
「だめだ、これ」等の非礼な発言への謝罪も全く、
案の定ブログのコメント欄は炎上しました。

ただ本当に問題な点は他のところにありました。

このエントリーの中で勝間和代さんは

とはいえ、西村さんから、
「2chはmixiやgreeよりもよっぽどIPの開示に応じている」
という発言を、多くの方が視聴するメディアの中で得られたことは
大変意義深いものだったと思います。


と書かれております。

「え?そんな話してたっけ?」とは思いましたが、
youtubeでUPされている動画は番組を一部編集していたものなので
カットされた部分でそんな発言があったのかなと思ってました。


しかしそもそもそんな発言はひろゆきはしていないと言うのです。

以下のリンクは番組を見ていて
「そんな発言をしてたか?」と疑問に思った
高木浩光氏がテレビ放送の録画より書き起こして
発言内容を検証したものです。

.お気に入り ..勝間和代ブログ「2chはIPの開示に積極的であるという
ひろゆきさんの注目発言について」を高木浩光氏が検証したまとめ

http://togetter.com/li/18518


デキビジの対談の動画自体がUPされているわけではなく、
あくまでも文字で起こしたものであるので、
書かれていることが嘘ではないという保証はありませんが、
もし個々に書かれた通りの対談内容だったとしたら
明らかにひろゆきは
「2chはmixiやgreeよりもよっぽどIPの開示に応じている」
なんて言ってません。

そもそも「mixiやgreeよりもIPの開示に応じている」って
何をどう比較したら言えることなのか分からないことを
ひろゆきが言いそうにもないですけどね。

もう勝間和代さんの話の聞けなさは重症ですね。
聞けないどころか言ってないことまで聞こえてしまうw
そういう発言を引き出したいと自分で強く思っていると
違うニュアンスの発言まで自分のいいように解釈してしまい、
そしてしっかりと裏もとらないままに
勝間さん曰く”拡声器”であるブログにUPしてしまう。


勝間和代さんはブログでは全然関係のない記事のUPを続けており、
嵐が過ぎ去るのを待っている状態のようです。

彼女に取って、対談中に非礼な態度を取っていたのはひろゆきであり、
それについてはお互い様なので謝罪が必要ないと考えているのかもしれません。
確かにそれはひとつの解釈ではあると思います。

ただ、もしひろゆきが
「2chはmixiやgreeよりもよっぽどIPの開示に応じている」
と言ってないとしたら、
これは記事を訂正して謝罪すべきじゃないでしょうか?


とりあえず今度の騒動に関しては勝間さんはどう考えても負けです。
GWが終われば静かになると静観を決め込んでるのかもしれませんが、
残念ながらそんな甘いものではないような気がします。

勝間さんは自分の著書をアルファブロガーの書評と
はてなブックマークをうまく使うことで
爆発的に注目を集める
”はてブトルネード”という手法を編み出されましたが
恐らく今回はマイナス方向にはてブトルネードが作用しそうです。


最近の勝間さんの著書はアマゾンのレビューで
ひどい酷評されています。
どうも勝間和代さんの著書を読んでいない
アンチ勝間和代の輩が書いている感じもしますが、
それでも大きなマイナスであるのは確かです。


さて、今回の勝間vsひろゆき騒動は
どうやって落ち着くんでしょうか?

まあネット見てる人なんて一部だとタカをくくって
図太くしらっとTVに出続けるんでしょうね。
でもネットでバブルを起こした人は
バブル崩壊も早いかもしれません。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。