流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」の実写映画化トレンドラインTOP > おすすめコミック >宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」の実写映画化
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」


フィール・ヤング(祥伝社)で連載中の宇仁田ゆみの
「うさぎドロップ」の実写映画化が、フィールヤングの7月号で
発表されました。

おー、「うさぎドロップ」実写映画化ですか。
いかにもドラマ化しやすそうな作品だったので、
いつかドラマ化するだろうなと思ってましたが
実写映画化とは意外でした。

でも同じ「若いニーチャンがいきなり小さい女の子のお父さんになる」系の
「マイ・ガール」が嵐の相葉くん主演ですごい残念な作りになったので
映画の方が丁寧な作りになるかもしれません。

「うさぎドロップ」のあらすじ・ストーリーは以下の通り
(from ウィキペディア)

祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、ダイキチは一人の少女と出会う。
その少女、りんは祖父の隠し子であった。
望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、
りんを自分が引き取り育てると言った。
こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる。


うさぎドロップはりんが子供時代を描く1部と
その10年後を描く2部があり、現在2部が連載中です。
単行本は7巻までが刊行中。

映画は1部だけなのでしょうか?
それとも2部までも描くのでしょうか。
ちなみにキャストや公開時期などは公表されてません。

この映画が成功するかどうかは
りんとダイキチのキャストを誰がするかですね。

とくにりんはいかにも可愛い子ではなくて、
特に最初は口数も少なく、愛想もない感じです。
そんなりんがダイキチとの生活を通して
心を開いていく過程をうまく演じられる子役がいるかどうか。

ちなみに前述のマイガールでコハルちゃんを演じた子は
見た目は可愛らしい子ではありましたが、
ちょっと演技過剰というか喋り方がわざとらしく
コハルちゃんの切ない心情を演じきれてない感じでした。
まあ相葉くんはしょうがないですよねw


うさぎドロップ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%81%95%E3%81%8E%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97

ウニタコウボウ - 作者宇仁田ゆみ公式ホームページ
http://unita.txt-nifty.com/diary/


うさぎドロップのアニメが好評!原作コミックも売行良好
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。