流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >鋼の錬金術師最終回掲載の少年ガンガンが完売トレンドラインTOP > 流行雑誌 >鋼の錬金術師最終回掲載の少年ガンガンが完売
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鋼の錬金術師の最終回が掲載の
少年ガンガン7月号が全国書店で
完売だということです。



今回の少年ガンガン7月号(スクウェア・エニックス)は
鋼の錬金術師の最終回の掲載に加えて
ハガレンのメモリアル時計が付録についたことで
全国の書店で発売3日程度でほぼ完売してしまったそうです。

少年ガンガン7月号の表紙の煽り文句は
『ついに完結…!! ありがとう 鋼の錬金術師』。

販促ポスターには
『ついに完結!ハガレン超特大号 9年間の感謝を込めて…
エルリック兄弟の運命の行方は!? 失った全てを取り戻せるのか!?
TVアニメもクライマックス!』。

しかも130ページ近いハガレン最終話、
かなり感動的です。
これまでの厳しい闘いを思い返すと
涙なしには見られない内容です。

現在オークションなどでハガレン最終回掲載の
少年ガンガンが高値で取引されているそうです。

ちなみにアマゾンのマーケットプレイスでも
3000円~5000円で販売されています。

ほんと時計なんてつけなくても死ぬほど売れたんでしょうから
時計は売上が急落するであろう次号につけて
鋼の錬金術師最終回掲載の今号は
もっと沢山刷ればよかったのに。
そうすれば3日で完売なんてならなかったでしょう。

しかも時計があるせいで重版も出来ないみたいですね。
やれやれスクウェア・エニックスさん商売下手ですよ。



ちなみにハガレン終了後は作者の荒川弘先生は
8月号より休載中だった「獣神演武」の連載を再開。
すげぇ、ワーカホリックだなw



でも「獣神演武」ってアニメ放送時の視聴率も
DVDの売上もパッとしなかったと記憶しています。
コミックも前評判の割にはあんまり売れなかったです。
とりあえずハガレン終了で致命的打撃を受ける
少年ガンガンの売上が急落しないようにするための
一時的措置なんでしょうね。

この感じだとハガレンの続編とかスピンオフは
なさそうな感じですね。ちょっと寂しいです。

ちなみに以下の作品はハガレン作者の
荒川弘先生が農業やってた頃を描いた漫画です。
かなり面白いので是非。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。