流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >映画『ノルウェイの森』の主題歌にザ・ビートルズ「ノルウェーの森」決定!トレンドラインTOP > 流行映画 >映画『ノルウェイの森』の主題歌にザ・ビートルズ「ノルウェーの森」決定!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画『ノルウェイの森』の主題歌に、
ザ・ビートルズの「ノルウェーの森」のオリジナル楽曲が
使用されることが決定しました。。

EMIミュージック・ジャパンによると
ビートルズのオリジナル楽曲が全世界に配給される日本映画で
主題歌に使用されるのは今回が世界初となるそうです。



ザ・ビートルズの「ノルウェーの森」(ノーウェジアン・ウッド)は、
ビートルズが1965年に発表したアルバム『ラバー・ソウル』に
収録されている曲です。




このビートルズの「ノルウェイの森」は
タイトルの元になっていることもあり
非常に重要なキーとなる曲になっています。

小説の冒頭にも登場し、
話の中でもレイコさんがギターで弾き語りをするなど
なんどか登場しています。

もちろん映画の中でもこれらのシーンは登場するということで
映画の中でこのビートルズの「ノルウェイの森」を使うために
交渉をしていたそうです。

ただ映画でビートルズのオリジナル楽曲の使用許可を得ることは
非常に困難であり、監督・プロデューサーの強い思いから
1年以上の交渉を経て、ようやく今回使用許可が下りたそうです。

村上春樹の小説の読者はイギリスにも多く存在し
その影響力の大きさから今回使用許可が出たのではないでしょうか。


ちなみに私がこのビートルズの「ノルウェイの森」を始めて聞いたのは
小説を読んでしばらく後になります。
小説を読んで「この曲、絶対聞いてみたい!!」と思って
CD屋を何軒か探してやっと「ラバーソウル」を見つけて聞いてみたところ
「あれ?なんか微妙だな…」と思った記憶がありますww
でも何度も聞くうちに非常に大好きな曲のひとつになりました。

このビートルズのノーウェジアン・ウッド(Norwegian Wood)は
日本では「ノルウェイの森」と訳されることがほとんどではありますが、
歌詞の中で明確な記述がないため、別の解釈がされることもあり、
英語圏でも『ノルウェー製の家具』と捉える人もいます。

後のポール・マッカートニーの解説によれば
”ノルウェー産の木材、松の木”ということも言っております。

ただやはり「ノルウェイの森」という訳が
一番曲の雰囲気にもあってますし、
現在のスタンダートになっているようです。


「ノルウェイの森」はビートルズの赤盤にも
収録されております。
なんとも不思議な雰囲気のある名曲です。
是非一度聞いてみてください。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。