流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >上地雄輔(遊助)の新曲「ミツバチ」がアマゾンレビューで叩かれている件トレンドラインTOP > 流行歌 >上地雄輔(遊助)の新曲「ミツバチ」がアマゾンレビューで叩かれている件
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミツバチ~遊助





ヘキサゴンファミリーの遊助こと
上地雄輔さんの新曲
「ミツバチ」のアマゾンのレビューがひどいです。

以下が上地雄輔さんの「ミツバチ」の紹介です

合言葉は“カ゛ンハ゛ンヘ゛!”
ソカのリス゛ムを全面に押し出したハッヒ゜ーサマーソンク゛!

2010年のテーマに「夢」を掲げ、3月10日にリリースした「ライオン」も
オリコンSingleチャートで1位を記録するなど、
今年も勢力的に音楽活動を展開する遊助。
前作に引き続き、黄色い動物(広義での!)をタイトルに掲げた
「ミツハ゛チ」は、トリニタ゛ート゛・トハ゛コ゛を発祥とする
Soca(ソカ)の要素がベースのアッフ゜テンホ゜の超アケ゛アケ゛曲!
情熱的でク゛ルーウ゛ィーなヒ゛ートに、
実はホ゛ヘミヤ民謡で“ハチの曲”と言えば日本人なら誰もが知ってる
“あのメロテ゛ィー”を随所にサンフ゜リンク゛した、
超キャッチーな楽曲です。
働き蜂としてハチ社会を支える“ミツハ゛チ”(メスしかいません!!)を、
昨今の“婚活フ゛ーム”に代表されるような、
積極的でたくましい女性にたとえ、
ちょっぴりコミカルで遊び心たっぷりの、
夏を盛り上げるのにヒ゜ッタリの楽曲となっています。
また日本テレヒ゛系列“ス゛ームイン!!SUPER”春のテーマとなった
「今日の花」、そして夏の恋をテーマにした”SUMMER TIME”をカップリング。
ボーナストラック盤にはさらに1曲トラックが追加される予定となっており、
聴きどころも満載!!



曲の紹介からかなり頭が悪そうではありますが、
「ミツバチ」もかなりヤバい電波ソングのようです。

そしてアマゾンのレビューではこの上地雄輔さんの
「ミツバチ」が激しく叩かれております。
一部星5つの評価もありますが、
これらも「フリスビーとしていい」とか
「鳥よけに使える」など大半が皮肉で
星5つにしているだけです。

音楽の好き嫌いは人それぞれなので
上地雄輔さんが好きな人もいるだろうから
こうやって一方的に叩くのは良くないと思います。

皆さんもこれらの偏見に満ちたレビューに影響を受けずに
しっかりの遊助さんの「ミツバチ」を聞いて
自分の価値観で歌を評価してみて下さい。

以下が遊助さんの「ミツバチ」の動画です

遊助/ミツバチ Movie


うはwwwwこれはヒドイwwww
ブーンブンシャカwwwブブンブーンwww
ブーリブリwwwチャカwwwビガッwwwビガッwww

上地さん、31歳ですよね。大丈夫ですかね。
誰かに無理やり歌わされてるとしたら激しく同情します。

今までいろんな電波ソングはありましたが、
ここまで叩かれているのは珍しいですね。

例えば「おどるポンポコリン」なんてのも
歌詞は意味不明だし、いい大人が歌っていますが、
ここまでは叩かれませんでした。

上地雄輔さんの「ミツバチ」は
何でこんなに叩かれるんでしょうか?

「おどるポンポコリン」なんかはいい大人が
あえて悪ふざけしてやっているのが一目見たら分かりましたが、
上地さんは何処か本気でやっている雰囲気があります。
歌っている時も目が笑ってないし、歌い出しのところなんか
何処かナルシストっぽい雰囲気さえあります。
そこがこの曲を聞いた人間に気持ち悪さを与えるのかもしれません。
まあ歌詞がくだらなすぎるってのが一番の理由かもしれませんが。

とにかく話題になったもん勝ちなところはあるので
この曲が良い曲かどうかは別にして
マーケティング的には勝ちと言えるでしょう。
みんな文句いいながらも曲が耳について離れないはずです。
いかにも子供なんか好きそうですしね。
ただ絶対歴史に残らない曲だってのは断言できますが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。