流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方トレンドラインTOP > ビジネス書 >9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方



「9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方」の
売行きが好調です。

ディズニーランドのスタッフ(キャスト)は9割がバイト。
なのに最高レベルのサービスをお客さんに提供している、
その秘密に迫る内容です。

著者の福島文二郎さんは現在JSパートナー株式会社代表。
東京ディズニーランドがオープンした1983年に第1期の正社員として
日本のディズニーランドを運営するオリエンタルランドに入社。
初めての配属先はジャングルクルーズ(運営部)。
その後、人事部ユニバーシティ課(ディズニー教育)、
株式会社イクスピアリ(東京ディズニーリゾート併設の
テーマ型ショッピングセンター)の総務部人事課など、
社員教育畑を経て、商品企画室(社員教育の担当部署)に配属。

ディズニーランドの中を知り尽くした福島文二郎さんでしか
書けない内容になっています。

「9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方」の
目次は以下の通り

PROLOGUE 人は育つ-なぜ、バイトが9割でも最高のサービスを提供できるのか?
1 育てる前に教える側の「足場」を固める
2 後輩との信頼関係を築く
3 後輩のコミュニケーション能力を高める
4 後輩のモチベーションを高める
5 後輩の自立心・主体性を育てる


会社で社員・バイト問わず部下を抱えて人材教育に携わっている人、
CSを向上させるために悩んでいる人は必読の内容です。

ディズニーの人材の考え方が
非常に分かりやすく書かれています。
もちろん異業種にでも応用できる内容です。

特に面白かったエピソードは常に人手不足だった
カストーディアル(清掃担当キャスト)の業務を人気職種にかえるくだり、
ゲストがアトラクションの中で落としたコンタクトレンズを探し出した
キャスト達の情熱などがあります。

これまでもディズニーランド関連の書籍はありましたが、
より日本でもあてはまるような内容になっていると思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。