流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >スマートフォン対応 人気のコンパクトモバイルバッテリートレンドラインTOP > 流行物 >スマートフォン対応 人気のコンパクトモバイルバッテリー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スマートフォンユーザーからの不満で多いのは
その電池(バッテリー)の持ち時間。

スマートフォンは画面が大きいので使用電力が大きく、
メールや電話以外にもウェブ閲覧など使用頻度が高く、
気が付いたらバッテリー不足なんてことがよくあります。

私も音楽を聞いたり、ツイッターをやっているうちに
バッテリー不足になって出先で困ることが多々あります。

そんな外出先での電池切れの不安を解消する
リチウムイオン電池などを使ったモバイルバッテリーが人気です。

スマートフォン対応のモバイルバッテリーの中でも
持ち運びに適したコンパクトタイプをご紹介します。

■Panasonic USB対応モバイル電源パック
リチウムイオン2700 ホワイト QE-PL101-W



パナソニックのモバイルバッテリー。
容量が2700mAhと多く、最大出力も1Aと高い。
価格も比較的リーズナブルで一番コストパフォーマンスが
優れいていると言っても過言ではありません。
付属のUSBケーブルとACアダプターで簡単に充電出来ます。


■SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー
 (専用リチウムイオン電池使用) KBC-L3AS



三洋電機のモバイルバッテリー。
こちらも人気のスマートフォン対応のモバイルバッテリー。
パナソニックよりも15g軽い。
しかし電池容量はパナソニックよりやや少なく、
最大出力は約半分。


エネループというブランドもあり三洋電機のKBC-L3ASは
非常によく売れていますが、
性能ではパナソニックのQE-PL101の方が優れています。

ただ新品ではほぼ値段の変わらない上の2つですが、
三洋電機のKBC-L3ASの方が若干根を下げています。

特にブランドのこだわりがなく、性能重視であれば
パナソニックのQE-PL101が現在のベストチョイスですが、
安さを求めるのであれば三洋電機のKBC-L3ASという
選択肢も悪くはありません。

比較的値段もこなれていますので、
外出先で困ることがないように
1つぐらいスマートフォン対応
モバイルバッテリーを購入しておいてはいかがでしょうか。
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。