流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >うさぎドロップのアニメが好評!原作コミックも売行良好トレンドラインTOP > アニメ化コミック >うさぎドロップのアニメが好評!原作コミックも売行良好
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎドロップ アニメ





先日からフジテレビの深夜アニメ枠のノイタミナで放送が始まった
宇仁田ゆみさんが原作コミックスの
「うさぎドロップ」のアニメが好評です。

アニメ うさぎドロップ 公式サイト
http://www.usagi-drop.tv/


『うさぎドロップ』は宇仁田ゆみが『FEEL YOUNG』(祥伝社)で
連載していたコミックスです。

今回ノイタミナ枠でProduction I.G制作で初めてアニメ化されたのですが、
非常に丁寧な作りで、コミックスの世界観をそのままアニメ化しています。

30分のアニメ枠なのですが、ストーリーを端折ったりせずに
ゆったりとした大切な時間を描いています。

漫画と同じくリンちゃんが可愛い!
そしてダイキチがやさしくて渋い!!
本当の親子ではない二人ですが、
その疑似家族の生活にキュン死しそうです。

オープニングテーマのPUFFYの
「SWEET DROPS」も雰囲気ぴったりです。


うさぎドロップのあらすじは以下のとおり(from ウィキペディア)

祖父の訃報で訪れた祖父の家で、30歳の独身男、河地大吉(ダイキチ)は一人の少女と出会う。

その少女、鹿賀りんは祖父の隠し子であった。望まれぬ子であったりんを施設に入れようと言う親族の意見に反発したダイキチは、りんを自分が引き取り育てると言った。こうして、不器用な男としっかり者の少女との共同生活が始まる


アニメが好評なため原作のコミックスの売行も好調です。
一部書店では品薄になっているような状況のようです。

うさぎドロップの単行本は大判サイズのコミックスのため
やや値段が高いのですが、大人の女性を中心に非常に売れています。

うさぎドロップ コミックス



うさぎドロップはこのあと映画化も予定されています。
ダイキチが松山ケンイチ、リンが芦田愛菜という
旬な二人が主演なので面白く無い訳がありません。

監督はSABU、配給はショウゲートで
8月20日より封切りです。

映画『うさぎドロップ』公式サイト
http://www.usagi-drop.com/


しばらくはうさぎドロップのブームは続きそうです。
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。