流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >ハルポリッシュ 居合道をテーマにした美少女コメディトレンドラインTOP > おすすめコミック >ハルポリッシュ 居合道をテーマにした美少女コメディ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハルポリッシュ 作・土塚理弘/画・みなもと悠





「ハルポリッシュ」は「月刊少年チャンピオン」連載中の、
作・土塚理弘/画・みなもと悠さんによる漫画です。

ハルポリッシュはいわゆる部活ものなのですが、
テーマは非常にメイナーなスポーツである「居合道」です。

「居合道」がピンと来ない方もいるかもしれませんが、
道着を着てわらの束を刀の真剣でスパっと切っているあれです。

なんでハルポリッシュはそんなマイナーなスポーツをと思いますが、
ハルポリッシュの1巻の帯を見れば納得。


『ハルポリッシュ』1巻の帯には

『日本刀×美少女=居合!?』
『「BAMBOO BLADE」土塚理弘×「明日のよいち!」みなもと悠 最強コンビが送る
美少女居合コメディー!!』


と書かれています。

剣道漫画「バンブーブレード」の原作者だった土塚理弘氏と、
ラブコメ「明日のよいち!」のみなもと悠さんがコンビを組んで
新しい剣モノを探していて居合道に出会ったのでしょうか。

ただ居合道という競技は実は非常に描くのが難しい。
なぜかというと居合道は試合や練習でも人と斬りあったり、
組み合ったりすることはありません。(そりゃ真剣つかうわけですし。)
そこにいると仮定した「仮想敵」と戦うのです。
イメージとしては空手の型に近い感じでしょうか。

なのでいわゆるバトルものの展開にはしづらいので
漫画にするにはハードルが高い題材です。

しかし土塚理弘×みなもと悠コンビはさすがです。
「ハルポリッシュ」では居合道のピリッとした緊張感を描きながら、
可愛らしいキャラクターとコメディー要素を程よくブレンドして、
居合道を初めて知人でも興味を持てるような漫画に仕上がっています。

表紙を見てもらえば分かりますが、かなり萌え萌えした感じです。
元気タイプ、ツンデレ、幼女といろんなタイプの美少女がそろってます。

そしてきっとこの漫画ハルポリッシュの売りの一つであるのが
主人公「春」の太もも。
日本刀大好き少女・岡本春の太ももがえらくムチムチしてて、
必要以上に太いですwスカートもやたら短いし。
もちろんお風呂シーンなどお色気シーンもちゃんとあります。

ただそれだけでハルポリッシュを萌え漫画として敬遠するにはもったいないぐらい
居合や刀を持ったシーンの緊張感が凄い。
ほんとうに空気がピリピリしてるのが伝わってきます。
こんな萌えキャラなのに刀持つとカッコイイのです。
ハルポリッシュでは武道のストイックさと、人を殺す道具である刀を扱う狂気との
ギリギリな境界線の部分を緊張感のある描き方をしています。

ハルポリッシュはこの居合の緊張感とドタバタ美少女コメディのバランスが絶妙で
気がついたら物語の中に入り込んでしまいます。

刀大好き天真爛漫少女・ハル、
強い心を手に入れるために居合を始めた女の子がちょっと苦手な男の子・春、
居合道部を畳もうとしていたがハルと出会い、彼女を育てようとする若菜、
刀を振り回す部活は物騒だと廃部にさせようとして
ミイラ取りがミイラになったすごく小さい生徒会長雛子と
キャラクターは個性的でどれも魅力的です。

居合美少女コメディーという新しいコミックス、
ハルポリッシュ、おすすめのコミックです。
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。