流行りモノ、トレンドのたまごをいち早く取り上げ、まろやかに解説します。

トレンドラインTOP > スポンサー広告 >BBCドラマ『SHERLOCK (シャーロック)』のベネディクト・カンバーバッチ関連雑誌が売れているトレンドラインTOP > 流行人 >BBCドラマ『SHERLOCK (シャーロック)』のベネディクト・カンバーバッチ関連雑誌が売れている
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BBCドラマ『Sherlock』の人気でシャーロック・ホームズ役の
ベネディクト・カンバーバッチが登場している雑誌が売れています。




『SHERLOCK (シャーロック)』(原題:Sherlock)とは、英国のBBCが製作した
コナン・ドイルの『シャーロック・ホームズ』シリーズを題材としたテレビドラマです。
ドイルの原作を下敷きとしながら舞台を21世紀のイギリスに置き換え、
自称「コンサルタント探偵」のシャーロック・ホームズが、
インターネットやスマートフォンなど現代の最新機器を駆使しながら
天才的頭脳による推理で事件を解決します。

このドラマ「SHERLOCK (シャーロック)」によりシャーロック・ホームズ役の俳優
ベネディクト・カンバーバッチが大人気に。

日本でも最初NHK BSプレミアムで放送され人気を呼び、
2013年1月にはNHK総合で地上波初放送で一気にブレイク。
今やベネディクト・カンバーバッチは「ベネ様」の愛称で呼ばれ
来日時には追っかけのファンが空港に殺到するまでになっています。
(もちろんジョン・ワトソン役のマーティン・フリーマンも大人気です。)


もちろん「SHERLOCK (シャーロック)」のDVDのセルやレンタルも大人気ですが、
「SHERLOCK (シャーロック)」やベネディクト・カンバーバッチが登場する雑誌も
売り切れ、品薄状態になる人気っぷりです。



いち早く「SHERLOCK (シャーロック)」を取り上げたて人気が出たのは
早川書房のハヤカワ ミステリマガジン。





現在発売中のミステリマガジン2013年4月号も「SHERLOCK (シャーロック)」特集で
現在すでに品薄状態です。出版社の在庫も品切れのようです。

ミステリマガジン4月号の特集は『「シャーロック」とそのライヴァルたち』。
表紙はベネディクト・カンバーバッチとマーティン・フリーマンの
ホームズ&ワトソンコンビ。

「ベネディクト・カンバーバッチ来日インタヴュー」、
「SHERLOCK/シャーロック」 聖地巡礼ガイドなど
シャーロックファンにはたまらない記事が満載です。


次にカンバーバッチが表紙のスクリーン4月号も売上好調。


大反響TVシリーズ『SHERLOCK』のコンビ愛Check!なんて特集も掲載。



次に紹介するのはムービースター2013年 01月号。





巻頭特集「美しきクセモノ俳優たち」で
ベネディクト・カンバーバッチが紹介されています。

『SHERLOCK/シャーロック』を語りつくすベネディクトのロング・インタビューも掲載。
ベネディクトとイギリスのファンの集いを特派員が徹底レポートも。


あとちょっとタイプは違いますが、月刊青年漫画誌ヤングエース(角川書店)でも
2012年11月号から『SHERLOCK/シャーロック』のコミカライズ版
『SHERLOCK ピンク色の研究』の連載が始まっています。
これが結構ドラマに内容も絵柄も忠実で面白いです。
単行本が出た時には注目ですねー。


まだまだ『SHERLOCK/シャーロック』、ベネディクト・カンバーバッチ人気は
留まるところを知らないようです。

ベネディクト・カンバーバッチって不思議な俳優さんですよね。
最初は「なんか長い顔の男だなー。」とか「性格悪そうだなー」なんて思って
『SHERLOCK/シャーロック』を見ていたのに、気がついたらとてもセクシーに
かっこ良く見えてくる。2013年にはシーズン3も放送が予定されているとか。
これからもっともっと『SHERLOCK/シャーロック』人気は上がってきそうです。
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。